2016年9月29日木曜日

イヤーピースおすすめ!SE535LTDで徹底比較!SpinFitの評価!

はじめまして
橋本浩幸と申します。

今回は、SE535LTDにSpinfitを
装着して他のイヤピースと
比較したいと思います。

SE535LTDをSpinFitのイヤーピースを使って徹底比較

三種類のイヤーピースを
比較したいと思います。

比較するイヤーピースは、
SE純正、SpinFit、Comply Ts
上記三種類で行います。

まずはじめに、前回のSpinFitの
記事を読んでいない方は、
先に前回の記事をお読みください!

↓リンク先↓
SpinFitの評価!

目次


  1. はじめに
  2. イヤーピースの外見比較
  3. SE純正シリコンの比較
  4. SpinFitの比較
  5. Comply Tsシリーズの比較
  6. まとめ

はじめに


イヤーピーススパイラル
陥っている方や、
イヤーピースのおすすめ
探している方が多いと思います。

そこで、SE535LTDに特化した、
比較を行いたいと思います。

具体的には以下の通りです。
SEシリーズの純正の比較、
SpinFitとの比較、
定番人気のComplyの比較を行います。

これを分かりやすくするために、
基準をSE純正シリコンと比べて、
どうなのかを書きたいと思います。

SE535LTDの特徴として、
通常のSE535と比べて、
高音域が強化されています。

そして、BA型の中では低音域
強い特徴を持っています。
低音域寄りのフラット型です。

低音域・高音域だけでなく、
ボーカルの艶やかな音質から、
中音域も優れていることで定評です。

つまり、低音域・中音域・高音域の
全てが優れていることから、
非常にバランスが良いとされています。

また、それぞれの比較において、
5点満点で表す評価を
付けてみたいと思います。

なお、この点数につきまして、
イヤーピース間での比較を
行いやすく表示するもので、

イヤーピースそのものの、
評価を表すわけではありません!

あくまでも純正イヤーピースと比べての、
前提であるとお考えください。

イヤーピースの外見比較


左から、純正、SpinFit、Comply Tsの
並びになっています。

一番注目すべき点は、
イヤーピースの形状です。
全て弾丸タイプの形状です。



弾丸タイプのイヤーピースは、
球体みたいに膨らみ部分があって、
中で少し引っかかることによって、
抜けにくくフィットします。

弾丸タイプ以外の形状に、
台形タイプ、寸胴タイプ、
キノコ型、ダブルフランジ等、
様々な形があります。

しかし、弾丸タイプ以外のものは、
きっちりサイズのものを装着しないと、
上手くフィットしない弱点もあります。

それは、膨らみ部分が無い場合や、
もしくは、イヤーピースが短い場合、
スポスポする感じがして、
結構抜けやすいからだと思います。

反面、弾丸タイプだと、
多少サイズが合わなくとも、
膨らみ部分が上手く作用し、
フィットさせることができます。

まずは、弾丸タイプのものを
選ぶことがフィット感を
得ることにつながると感じます。

この点は、今回比較する
イヤーピースは弾丸タイプで、
条件を満たしていると思います。

また、Complyシリーズで
Comply Tシリーズ、
Comply Pシリーズも人気です。

しかし、弾丸タイプでないことと、
Tsシリーズに比べて細いです。

低反発の縮んで膨らむ性質を考えると、
多少、太いほうが膨らんだ時に、
より高いフィット感があると思います。

それでも人気なのは、
耳が痛く無らなかったり、
音質が上がると感じるからです。

結果、Complyの中で比較しても、
Tsシリーズは弾丸タイプであり、
なおかつ一番太いです。

このことからComplyの中で
Tsシリーズはフィット感が高く、
音質も良く感じると考えます。

これが、今回イヤーピースの比較に
Comply Tsを選んだ理由です。

SE純正シリコンの比較


SE535LTDのイヤーピース

純正シリコンでの音質について、
非常にバランスの取れた、
最もセオリー通りの音質と言えます。

ただ、気になるのが高音域です。
これは、SE535LTDの特徴で、
高音域が強化されていることから、
ボーカル重視の曲では、
サ行が若干刺さり気味です。

高音域がアップしているので抜けが良く
ボーカルが艶やかなのは良い点ですが、
サ行が刺さるのは少し気になるところです。

そして、低音域部分については、
弱くもなく強くもなく、
ちょうどいい感じです。

高音域が秀でていることから、
抜けが良くこもらないので、
タイトで質の良い低音域です。

音質評価


低音域:4点
中音域:3.5点
高音域:4点

フィット感の比較


フィット感に関しまして、
シリコンタイプの中では、
かなりフィットします。

形状はオーテクのイヤーピースと
結構似ています。

ただ、SE535LTDは細軸タイプで、
細軸タイプの種類が数少ないです。
なので、細軸タイプのイヤーピースは
なかなか良いものがありません。

細軸タイプのシリコンで、
weston製のイヤーピースもあります。
これは結構癖があるので、
万人受けとは言えないです。

シリコンタイプで無難なのは、
SEシリーズ純正のものと言えます。

スポンサードリンク

SpinFitの比較


SE535LTDにSpinFitのイヤーピースを装着

第一印象は高音域・中音域が
凄くアップしていることでした。
しかも、サ行が刺さりにくいです。

ボーカルの艶やかさもあり、
純正よりも抜けが良く、
かなりクリア感があります。

しかし、低音域は純正と比べて、
若干、減退気味です。
若干なので気にならない程度です。

純正に比べて低音域は減退しますが、
高音域が非常に優れていることから、
決してこもった感じもせず、
純正よりタイトな質の良い低音域です。

クリア感を求める方にとっては、
理想のイヤーピースと言えます。

低音域〜高音域まで、
バランスよく鳴っていて、

高音域が純正と比べて良いので、
締まりのある音に聞こえ、
全体的にクリアな印象です!!

音質の比較


低音域:3.5点
中音域:4点
高音域:4.5点

フィット感の比較


また、フィット感に関して、
前回のSpinFitの記事にありますが、
ヘッド部分が曲がるので、

耳道の形に合わせて、
可動させ奥までフィットします。

しかも、意外とシリコンが柔らかく
耳に負担がかかりません。

これが、シリコンタイプの中で、
最強のフィット感だと思います。

Comply Tsシリーズの比較


SE535LTDにComply Tsのイヤーピースを装着

Tsシリーズの謳い文句が、
高音域アップとあります。

実際にSE535LTDでも聞いていますが、
確かに高音域がアップしています。

しかし、純正イヤーピースで感じた、
ボーカルの艶やかさは、
少し減退気味になりました。

低音域も純正イヤーピースと比べて、
やはり減退気味です…

ただ、高音域がアップしているので、
全体的にこもっている感じはなく、
かなりクリア感を味わえます。

一番、Complyの良いとろこは、
高音域が凄く綺麗で繊細に鳴り、
しかも、サ行が刺さりにくい
ということだと感じました!

ボーカル重視で聞く分には、
ありがたいですね。
逆に、HR/HM等は不向きです!

音質評価


低音域:3点
中音域:3点
高音域:4.5点

フィット感の比較


フィット感に関して、耳の形状
合わせてフィットさせてくれるのが、
Complyのいいところです。
低反発で耳が痛くなりません。

しかし、しっかりと縮んだものが、
膨らみきっていないのが気になります。
反発が弱いと言いますか…
反発が弱いからこそ、
耳が痛くならないのですが。

さらに、低反発の素材は、
すぐに磨耗してきますので、
磨耗すると反発力が弱まります。

つまり、磨耗してくると、
フィット感が悪くなります。
高価な物なのでコスパが悪いです。

より高いフィット感を求めるには、
通常よりも大きめのサイズを
購入する必要があります。

まとめ


ここまで読んでいただき、
ありがとうございます。

三つのタイプのイヤーピースを
音質とフィット感を合わせて、
比較してみました。

高音域を綺麗に刺さらず鳴らし、
かつ、タイトな低音域を鳴らす、
バランスの取れた音を鳴らすのは、
SpinFitだと思われます。

ただ、クリア感を求めない方は、
不向きかもしれません。

そもそも、BA型の時点で、
ダイナミック型よりも、
中音域・高音域が優れているので、
ある程度は仕方がありませんが…

また、フィット感に関して、
シリコンの中ではSpinFitが
一番しっくりきました。

これは、ヘッド部分が可動するので、
フィット感を高めることができます。
しかし、低反発の素材では無いため、
完璧に耳の形に合わす事は不可能です。

そのことを踏まえると、
Complyは低反発の素材を使用していて、
耳の形に合わせることができるので、
有利だと考えます。

ただ、低反発の素材なので、
縮んだものが膨らむ力
そこまで強くはありませんので、
耳の形には合いますが、
フィット感は弱いと言えます。

音質・フィット感共に優れているのは、
やはりSpinFitですね!!

他のイヤーピースを考えている方、
ぜひ、SpinFitをお試しください。

最後に、前回のSpinFitの評価も
ご紹介していますので、
あわせてご覧ください!!

↓リンク先↓
SpinFitの評価!