2016年9月9日金曜日

映画おすすめ!万物は森羅万象!君の名は。の評価!

はじめまして
橋本浩幸と申します。

今回は、映画「君の名は。」の
評価をご紹介します。

映画「君の名は。」

この映画を見たのは、
世間での評価が異常に高い
という興味ですね。

まだ。ご覧になっていない方、
気になる点かと思われます。

みなさん高評価を出していますが、
私は辛口のレビューをしたいと思います。

目次


  1. はじめに
  2. 評価
  3. まとめ

はじめに


映画「君の名は。
監督、新海誠。

アニメーション映画の監督として
知られています。

映画「君の名は。」

いい意味でも悪い意味でも、
衝撃の作品です。
覚悟してご覧ください。

また、「千と千尋の神隠し」など多くの
スタジオジブリの作品を手がけた、
安藤雅司とのタッグだそうです。

ジブリシリーズのイメージはなく、
新海ワールドとして表現されています。

あらすじ


1,000年に1度のすい星来訪が、1か月後に迫る日本。山々に囲まれた田舎町に住む女子高生の三葉は、町長である父の選挙運動や、家系の神社の風習などに鬱屈(うっくつ)していた。それゆえに都会への憧れを強く持っていたが、ある日彼女は自分が都会に暮らしている少年になった夢を見る。夢では東京での生活を楽しみながらも、その不思議な感覚に困惑する三葉。一方、東京在住の男子高校生・瀧も自分が田舎町に生活する少女になった夢を見る。やがて、その奇妙な夢を通じて彼らは引き合うようになっていくが……。

評価


この映画全体を通して、
アニメからは想像もつかなく、
ミステリー重視で子供向けではなく、
大人のアニメの印象を持ちました。

普段は、洋画のミステリーを多く
見ているのですが、

洋画にミステリーによく見られる、
パラレルワールド的なイメージで
結構複雑に作られています。

原作も読まず予備知識も無く
見に行きましたので、
かなり勇気がいりました。

正直なところ、
一回見ただけの評価ですが、
・瀧と三葉との情緒的な繋がりが不明
・腑に落ちない点がある

上記のことから、
この映画の伝えたいテーマ性が、
かなりブレているような
気がしてならないです。

映画「君の名は。」

おそらく「むすび」という、
人と人との繋がりであったり、
出来事の因果関係が、
回り回って繋がっているのだという、
テーマになるかと思いますが、

その「むすび」というテーマから、
何を伝えたかったのか?
これが感じとれなかったです。
理解が及ばない難しい作品です。

恋愛映画と捉えるにしても、
主人公である瀧と三葉が
なぜ惹かれあったのか?

この描写がほぼなかったです!
たまたま「むすび」という繋がりで、
運命的に惹かれあったという
解釈に至るのでしょうか。

ポイントで効果音を使用したり、
視覚効果によって入れ替わりを
表現しているのが、
分かりやすかったですが、
トータルとして腑に落ちないです。

下記は腑に落ちない点、
ティアマト彗星関連の現在と過去の
入れ替わりを交えての、
ネタバレを記載しています。

スポンサードリンク

ティアマト彗星(ネタバレ)


パラレルワールドとしての構成が
腑に落ちない点がありました。

瀧が生活している世界、
つまり、瀧からして現在では、
3年前に糸守町で彗星の破片が落下し、
町は壊滅し死者は500人出たと、
事実として記録が残っていました。

しかし、3年前の災害を救うべく、
三葉との入れ替わりを交えながら、
被害を食い止めることに成功しましたが、

彗星の破片が落下後、
その結果が瀧の現在にも影響を及ぼし、
死者はほとんどいないという事実に
変わっていました。

映画「君の名は。」

つまり、瀧からして現在の世界で、
死んでいたはずの三葉が急に、
生き返っている設定になっています。

もし矛盾なく構成するとすれば、
瀧のいる現在の世界では被害はそのままで、
三葉のいる3年前の世界が現在に至るまで
もしくは、3年前の世界から未来に向けての
事実が変わるのは理解できます。

劇中では、事実が変わった直後から、
瀧は三葉の名前を忘れていましたし、
三葉も瀧の名前を忘れていましたので、

そもそも、彗星落下によっての災害が
瀧の中でなかったことになって、
片付けられていますが、
見ている観客としては、
腑に落ちない点ではあります。

高評価を出している方は、
複数回見ていると予想しますが、

この物語の本質を理解するには、
二回以上見ないと理解できないと
感じてしまっています。
私の理解力が無いせいもあります。

まとめ


ここまで読んでいただき
ありがとうございます。

正直なところ、ミステリアスで、
設定も良かったので、
面白いとは思ったのですが、

現在過去の繋がりであったり、
瀧と三葉の情緒的な繋がりが、
説明不足であったことが、
少し納得がいかなかったです。

映画「君の名は。」

こんなに高評価なのは、
どこを評価して高くなるのか
不思議なところです。

映画「ファーゴ」のように、
評価は高いのだけれども、
本質を理解して評価している方が、
少ないように感じます。

つまりは、周りの評価に合わせて、
高い評価を出しているように思えます。

好きな方はいらっしゃると思いますが、
確実に評価が分かれる作品です。

なのに、ほとんどの方が高評価
しているのが変に思えます。

あまりにも不思議なので、
二回目も考えています。