2016年9月17日土曜日

映画おすすめ!ヒーローが凶悪犯!スーサイド・スクワットの評価!

はじめまして
橋本浩幸と申します。

今回は、映画「スーサイド・スクワット」の
評価をご紹介します。

映画「スーサイド・スクワット」のパンフレットと半券

DCシリーズが贈る最新作です。
スーサイド・スクワットとは
自殺部隊」と呼ばれています。
その由来はなんでしょうか?

そもそもの部隊の名前は、
「タスク・フォースX」と
呼ばれています。

目次


  1. はじめに
  2. 評価
  3. まとめ

はじめに


映画「スーサイド・スクワット
デッドショット役で、
「ウィル・スミス」が起用されています。

スーサイド・スクワットのメンバーは、
DCコミック版スーサイド・スクワットに
登場するみたいですが、
メンバー単体での映画はありません。

マーベルの場合はアベンジャーズのように、
それぞれメンバー単体の映画があります。
(一部を除きます。)
その点がマーベルと異なると思われます。

映画「スーサイド・スクワット」

スーサイド・スクワットの場合、
キャラ単体の映画がありませんので、
DCコミックを読んでおかないと、
キャラの良さが理解できないでしょう!!
私もそうでした…

映画「バットマン vs スーパーマン」の
続編に位置するらしいので、
理解するためには、
見ておくことをおすすめします。

また、「バットマン vs スーパーマン」は
「マン・オブ・スティール」の続編です。
つまり、三作通して見ておく必要が
あるそうですね!!

あらすじ


世界崩壊の危機が到来。政府は、最強のスナイパーであるデッドショット(ウィル・スミス)や、ジョーカー(ジャレッド・レトー)に夢中のハーレイ・クイン(マーゴット・ロビー)ら、服役中の悪党たちによる特殊部隊“スーサイド・スクワッド”を結成する。命令に背いた者、任務に失敗した者には、自爆装置が作動するという状況で、寄せ集めの悪党たちが戦いに挑む。

スポンサードリンク

評価


まず始めに、DCシリーズの
知識はあまり無くこの作品を見ました。
その上でのレビューとなります。

そもそも、スーサイド・スクワッドが
結成された理由ですが、

メタヒューマン・ドゥームズデイで、
スーパーマンが死亡したため、
メタヒューマンに対抗するすべが
無くなってしまいました。

そのため、メタヒューマン
対抗するために結成されたと
言われています。
これは、表向きですが...

本当のところは、
エンチャントレスの暴走を止めるため、
毒には毒をという対策で作られました。

突っ込みを言ってしまえば、
スースクのメンバーも、
メタヒューマンやメタミュータント
らしき者は存在するので、

映画「スーサイド・スクワット」

スースクのメンバーも
暴走する可能性があります。
言ってしまえば、スーパーマンも
真の人間ではないため危険ですが..

チームの人数も多く、
非常に個性的なので魅力でした。

チーム全員が極悪犯の必要があり、
悪がヒーローというのも、
面白さの要因でありました。

しかし、元々DCシリーズを
勉強してないせいもあり、
なかなかキャラのバックグラウンドを
理解できずにいました。

結果として、スーサイド・スクワットは、
賛否両論の作品だそうです。

かなりのコアなファンには、
受けが良いようですが…

キャラを理解するためには、
DCコミックを読む必要がある。

また、ストーリーを理解するには、
「マン・オブ・スティール」と
「バットマン vs スーパーマン」を
見ておく必要があります。

この両方をこなすことによって、
存分に楽しめるということでしょう。

DC初心者からすると、
非常に敷居が高く感じますw

幸い、前作自体は見ていたので、
ストーリーは理解できましたが、
DCコミックを読んでいないため、
キャラの魅力が半減でした。
この点がかなり惜しく感じます!

まとめ


ここまで読んでいただき
ありがとうございます。

ストーリー自体は楽しめました。
「バットマン vs スーパーマン」の時も
そうですがDCシリーズはなかなか複雑です。

それほど奥が深く
魅力のあるものだと思います。

デッドショットやハーレークイーンを
初めてこの作品でお目にかかりました。

映画「スーサイド・スクワット」

すごい個性的で今までにない、
キャラ設定であったり、
コメディカルなキャラ設定が、
すごく面白かったです。

個人的には、ディアブロが
お気に入りです。
自分の能力に奢らずに、
クールなところがいいですね!!

しかし、DCコミックを読んでいないため、
深いキャラの生い立ちや、
バックグラウンドを知らないことが、
かなり惜しかったです。

予備知識として知っていれば、
より楽しめたと思っています…

DCシリーズファンの方は、
間違いなく楽しめる内容に
なっているかと思います。