2016年9月18日日曜日

映画おすすめ!言葉では説明できない何か!怒りの評価!

はじめまして
橋本浩幸申します。

今回は、映画「怒り」の
評価をご紹介します。

タイトルがすごく短く意味が難しいです。
それほど、深い作品なのは間違いないです。

映画「怒り」

そして、予告も力が入っていて、
かなり人気が出ると思いましたが、
思いの外、評価が分かれる様です。

過激な表現が多いということもあり、
好き嫌いも出てくるかと思います。
逆に、過激な表現なくしては、
リアルさを感じれないと思いました。

過激な表現が使われることで、
割と極限の感情にさせられ、
登場人物の抱いている感情を
共有している感じがしました。

目次


  1. はじめに
  2. 評価
  3. まとめ


はじめに


映画「怒り

原作「吉田修一」で「悪人」等で、
大ヒットしている作家の映画化です。
原作を読まずして映画を見ました。

キャストが非常に豪華で、
面白さが引き立てられます。

今回、妻夫木聡が出演されていますが、
「悪人」でも出演されています。

映画「怒り」

また、洋画ではなかなか語られない、
人間の感情部分がうまく描かれるのが、
邦画の素晴らしさと感じます。

感情の部分は言葉に表すことが難しく、
興味深いものだと思います。

言葉に表すことが難しいものを、
映画で表現してくれるため、
引き込まれます。

それ程この作品は感情部分が
すごい具合に表現されています。
個人的には傑作です!!

あらすじ


八王子で起きた凄惨(せいさん)な殺人事件の現場には「怒」の血文字が残され、事件から1年が経過しても未解決のままだった。洋平(渡辺謙)と娘の愛子(宮崎あおい)が暮らす千葉の漁港で田代(松山ケンイチ)と名乗る青年が働き始め、やがて彼は愛子と恋仲になる。洋平は娘の幸せを願うも前歴不詳の田代の素性に不安を抱いていた折り、ニュースで報じられる八王子の殺人事件の続報に目が留まり……。

評価


1年前、八王子で起きた夫婦惨殺事件。
犯人の名は山神一也と呼ばれる男。

しかし、山神は整形を行い、
逃亡しているという設定で、
物語は始まります。

そして、三人の謎の男が、
どこかの誰かと出会い物語は進みます。
三人の男は、直人、田代、田中。

三人の男は下記の人物と出会います。
直人は藤田と出会い、
田代は愛子と出会い、
田中は泉と出会います。

三人の男が出会った、
藤田、愛子、泉が主人公となります。
三人の主人公は別々の視点で
語られていきます。

しかし、前半部分は別々の
視点で語られていますが、
一見互いの関連性が感じられません。

その点が、退屈に感じる方や、
三人別々の視点で語られる意味が不明と、
感じる方が多くいらっしゃるようです。

前半部分は私もそうでした。
過激な描写も多く、
意図が分かりませんでした。

ですが、意味が無いわけでなく、
しっかりと後半で生きてくるため、
注意深く見る必要があります。

映画「怒り」

物語のテーマは「信用」という概念に、
重きを置いて描かれていると、
監督は語っています。

「信用」という概念を通じて、
人は様々な感情を抱くと思われます。
以下は、負の感情に絞りますが、
悔しい、悲しい、怒り等。

これらの感情を言葉では、
一言で簡単に語られてしまいますが、
そんなに簡単なものではなく、
実際は、もっと本気のものであると、
劇中で語られました。

監督は、特に目に見えないもの
描きたかったと言っています。
悔しい、悲しい、怒り等の感情を、
一言では表現することができない、
感情の奥深くあるもの。

詳しく言葉に表すことができない感情を、
映画を通じて考えさせられるというよりも、
その感覚を体感させられました。

「信用」の裏側には「怒り」が存在し、
両者は紙一重のような気がしました。
なんらかのタイミングで、
「信用」から「怒り」にひっくり返る、
そんか感じがしました。

そんな感情の、言葉では語りにくい
難しい部分を表現されています。

個人的にありがたかったのが、
一人が主人公ではなく三人が主人公で、
別々の視点で語られるので、

主観的に語られているのではなく、
客観的に語られているような気がして、
グッと作品に入り込めました。

感情や捉え方は人それぞれなので、
一人だけの描写では説得力が弱いですが、
三人分描かれると三人とも違う描写で、
分かりやすく説得力ありました。

下記は、山神一也に関する
ネタバレになりますので、
ご注意ください。

スポンサードリンク

山神一也(ネタバレ)


山神一也はなぜ殺人を犯したのか?
これが、個人的には最大のです。
そして「怒り」の文字の意味は?

まず、八王子の事件で現場に、
「怒り」の文字が残されていました。
犯人は整形を行い逃亡しています。

終盤では犯人が「山神一也」=「田中信吾」
まで分かっています。

そこから先の殺人の動機や、
バックグラウンドについては、
語られていません。

そして、山神の居所の無人島の小屋には
「怒り」の文字が彫刻されていました。

八王子と無人島の「怒り」の文字が
掘られていることが共通しています。

では、なぜ殺人を犯したのか?

ここから個人の予想になります。

「山神」の人物ベースには「怒り」という
感情が常にあるのでしょう。

おそらく、「信用」という概念から、
「怒り」という概念が生まれ、
犯行に至ったと考えています。

映画「怒り」

後半のあるシーンで山神は、
「よく人を簡単に信用できるのだな」と
話しているシーンがありました。

「信用」という概念について、
何かしらの負の感情があるのでしょう。

山神自身、人を信用することは難しく、
過去に誰かを信用したが、
裏切られた経験があり、
「怒り」の感情を抱いたと予想しています。

加えて、主人公の藤田、愛子、泉も
人を信用することの難しさや、
人を信用することができなかったことを
実感していました。

結果として、根幹には「信用」が
ベースにあったのだけれども、
「怒り」のベースに変わったのでしょう。

良いか悪いかは分からないですが、
もともとは人が好きで、
信用しやすかったのかなと思います。

八王子の殺人事件に戻りますが、
ガイシャと山神の関連性はなく、
一見、動機が不明とされています。

実際、ガイシャには恨みや妬みはなく、
たまたま爆発し殺害されたと思います。

ガイシャとの関連性がないことから、
殺害した理由が分からなく、
サイコパスと片付けられます。

しかし、山神の心情としては、
感情のプロセスがきちんと存在し、
「信用」から「怒り」に変わったと、
説明がつくものなんだと思います。

原作版の方が詳しく描かれているそうで、
確実な真相にたどり着きたい方は、
原作を読む必要があると思います。

まとめ


ここまで読んでいただき
ありがとうございます。

よく言葉では説明できないという
フレーズが使われますが、

聞いている側からすると、
どういったことを伝えたいのかという
意図が伝わってこない場面が多々あります。

言葉や感情の奥深くにあるもの、
つまり、言葉では説明できないものを、
言葉ではなく映像を通じて
説明されているようでした。

信用することの難しさや、
信用から様々な感情を引き起こす、
トリガーになることを感じます。

映画「怒り」

少し余談になりますが、
綾野剛、松山ケンイチ、森山未來が
アングルによっては全員似てます。

この点を考慮したキャストの起用が、
上手いなとも思いました。
一人称ではなく三人称だからですね。

この点を考慮したキャストの起用が、
上手いなとも思いました。

結果として、山神一也の動機
語られませんでした。

それは、伝えたかったものが
山神の動機そのものではなくて、

その動機に至るまでの、
感情のプロセスを伝えたかったのでは?
と、考えています。

より深く理解するためにも、
原作も読んでみたいと思います。