2016年9月26日月曜日

映画おすすめ!奇跡は悲劇だったのか?ハドソン川の奇跡の評価!

はじめまして
橋本浩幸と申します。

今回は、映画「ハドソン川の奇跡」の
評価をご紹介します。

映画「ハドソン川の奇跡」のパンフレットと半券

2009年1月15日
USエアウェイズ1549便が
ハドソン川で不時着水事故。

乗員155名を救った機長が、
容疑者となりました。
なぜ、彼は疑われたのか?

ハドソン川の不時着水事故は、
奇跡であるのか?
悲劇であるのか?
衝撃の実話です。

目次


  1. はじめに
  2. 評価
  3. まとめ

はじめに


映画「ハドソン川の奇跡

監督「クリント・イーストウッド」
最近では「アメリカンスナイパー」が
かなりの反響を呼びました。

主演、トム・ハンクス
「ダヴィンチコード」、
「天使と悪魔」、
「インフェルノ」の
ダンブラウンシリーズに出演。

映画「ハドソン川の奇跡」

日本でもニュースで知られますが、
事実のみしか知りませんでした。

その事実の先にあるのもが、
本当に語られるべきもので、
ドラマがあるのだと、
この映画を見て感じました。

そして、USエアウェイズには、
二人の日本人が乗っていました。

二人は、サリーじゃなかったら、
助からなかったと心中を明かします。

あらすじ


2009年1月15日、真冬のニューヨークで、安全第一がモットーのベテラン操縦士サレンバーガー機長(トム・ハンクス)は、いつものように操縦席へ向かう。飛行機は無事に離陸したものの、マンハッタンの上空わずか850メートルという低空地点で急にエンジンが停止してしまう。このまま墜落すれば、乗客はおろか、ニューヨーク市民にも甚大な被害が及ぶ状況で彼が下した決断は、ハドソン川への着水だった。

評価


USエアウェイズ1549便は、
離陸直後に鳥類と衝突したことで、
両側のエンジンがダウンし、

鳥類衝突から208秒で、
ハドソン川に不時着水しました。

この時サリーは墜落ではなく、
不時着水だと主張しました。
つまり、意図的な着水です。

そして、問題となっているのは、
ラガーディア空港、
または、テターボロ空港に、
着陸できたのではないか?

そして、左側エンジンは
微力ながら動いていたのでは?

この2点をNTSBから指摘を受け、
調査対象となりました。
人的ミス判断ミス
あったと疑われています。

映画「ハドソン川の奇跡」

確かに、結果論として全員無事なので、
奇跡であり彼はヒーローです。

実際、国民や乗員からの視点では、
彼はヒーローと称えられます。
国民や乗員からすれば、
彼は正しい判断だったと思います。

しかし、1名でも死亡した場合、
反応はいかがでしょうか?
154名は助かったので奇跡ですか?
彼はヒーローですか?

数名しか助からなかった場合、
どうでしょうか?
バッシングを受けるでしょうか?

その時には判断ミスがあったと、
国民と乗員に疑われるでしょうか?

結果や被害の甚大さに関わらず、
判断自体正しさについて、
突きつけられました!

スポンサードリンク

155名救ったにも関わらず、
喜んでいませんでした。
機長であるサリーの眼差しは、
一人、不安を抱えたようでした。

彼自身、自分の下した判断が、
本当に正しかったのかと…
そのストレスは記憶までも侵します。

様々な視点から「正しい」を
考えさせられる映画でした。

正しい正しいと言うものの、
誰にとって「正しい」が適切なのか?

結果だけ良ければ正しいのか?
それとも、プロセスの部分から、
正しい必要があるのか?

そして、単純にヒーローと表せない、
彼の強い思いがありました。

155名の乗員を救えたのは、
自分の力だけではなくて、
副操縦士やクルーが力を合わせた、
チームワークがあるからだと語ります。

彼は、副操縦士やクルーを信頼し、
彼を動かしているのは、
責任、信頼、誇りなんだと!!

まとめ


ここまで読んでいただき、
ありがとうございます。

乗員155名を救ったことについて、
一見、凄いと思ったり感動することは
すごく浅はかなんだと思いました。

その先に隠される真実を
知ることで初めて見えてくる、
物事の重大さや人の思いに、
気づくのだと感じました。

映画「ハドソン川の奇跡」

「アメリカンスナイパー」もそうですが、
決して舞台は広くないですが、

登場の人物の抱える想いに、
何か惹かれるものを感じ、
見入ってしまいます。

監督でもあり俳優でもある
クリント・イーストウッドは、
人間の抱える思いは訴えるものがあると
着目したことは素晴らしいと言えます。

スケールが小さいからこそできる
人間の想いへのクローズアップ。

「ハドソン川の奇跡」はまさに、
リアルな人間の想いや感情が
体現されています。