2016年9月1日木曜日

映画おすすめ!シャドウヒーロー!ミュータント・ニンジャ・タートルズ:影(シャドウズ)

はじめまして
橋本浩幸と申します!

今回は、映画「ミュータント・ニンジャ・タートルズ
:影(シャドウズ)の評価をご紹介します。

ミュータント・ニンジャ・タートルズ:影(シャドウズ)

他のヒーローには無い、
カッコ面白い作品でした。

キャラクターがカッコいい以上に、
映像も素晴らしく、
かなりの迫力がありました。

結構、他の方も3Dで見るべきだと
評価されている方も見受けられますが、
まさにその通りだと思います。

私は2Dで見ましたが、
3Dで見れば良かったです!!

目次


  1. はじめに
  2. 評価
  3. まとめ

はじめに



トランスフォーマーで超有名な監督、
マイケル・ベイが製作です。

ミュータント・ニンジャ・タートルズ:影(シャドウズ)

トランスフォーマーのエッセンスが
入っていて迫力満載です。

特にカーチェイスのシーンも
お手の物ですし、
ハイスピードカメラを使用しての
スローモーションが痺れます。

あらすじ


タートルズの宿敵シュレッダー(ブライアン・ティー)は、マッドサイエンティストのバクスター・ストックマン博士(タイラー・ペリー)らの協力で脱獄し、再びニューヨークを大混乱に陥れようと画策。邪悪な陰謀を阻止すべくタートルズと仲間たちが動くものの、ミュータントに変身したビーバップ(ゲイリー・アンソニー・ウィリアムズ)とロックステディ(ステファン・“シェイマス”・ファレリー)が立ちはだかる。さらに世界征服をたくらむ悪の帝王クランゲが異次元から襲来し……。

スポンサードリンク

評価


前作の、ミュータント・タートルズを
見ての評価となりますが、
予習・復習をせずのレビューです。

まず初めに、全作の関連ですが、
ほぼほぼ無いですね!!

ただ、師匠との関連性
シュレッダーとの関連性
タートルズの生い立ちを知るには、
前作を見る必要があります。

前作を理解して見たほうが、
より楽しめることは間違いないです。

ただ、全作を見なくても今作を
理解できる内容にはなっています。

ミュータント・ニンジャ・タートルズ:影(シャドウズ)

全体を通して申しますと、
笑いアクションドラマ
三拍子が揃っている作品でした!

個人的には、ヒーロー系の中で、
ハマった作品になりました。

というのも、ヒーロー物は世間に
認識されている存在なんですよね。

スパイダーマンやスーパーマンは、
世間に愛されている存在です。
アベンジャーズもそうです。

しかし、タートルズは世間に認識されず、
裏から世の中を守っている、
影で守っているスタンスを徹底しています。
これが、他のヒーロー物の作品と
差別化を図られていると思います!

また、内容的には笑い要素だけでなく、
ドラマ要素があり良かったです!!

個人的には、師匠の言葉で、
「個性はチームを強くする」というのが、
なかなか響いています。

掛け算の様に強化されたり、
個人よりも団体のメリットを
感じさせられますし、

何よりも共存に着目し、
表の世界で生きていくには?
裏の世界で上手く生きるには?

こういう発想に辿り着くので、
なかなか良い内容でした!!

まとめ


ここまで読んでいただき
ありがとうございます。

マイケル・ベイが製作なので、
トランスフォーマー同様に、
映像面での期待がありました。

期待通り、ハイスピードカメラを
使用してのスローモーションが
すごく感動ですね。

ミュータント・ニンジャ・タートルズ:影(シャドウズ)

前作をご覧になっていない方でも、
楽しめる作品ですので、

今作をご覧になってから、
前作を見ても遅くはありませんし、
きちんと理解できます。

個人的には、今作の方が好きなので、
是非、ご覧いただければと思います。

普通のヒーローで物足りない方、
普通のヒーローは嫌いという方に、
ハマるのではないでしょうか!!