2016年7月21日木曜日

映画おすすめ!正義とは何なのか!日本で一番悪い奴らの評価

はじめまして
橋本浩幸と申します!

今回は、映画「日本で一番悪い奴ら」の
評価をご紹介します。

北海道警の不祥事をモチーフにした、
実話でございます。

日本の国家権力の不祥事で、
なかなかリアルでダークです。
日本を信用できなくなります。

国会議員が叩かれる以前に、
企業でも不祥事があるので、
一部の人間だけが叩かれるのも
変な話ですよね!!

目次


  1. はじめに
  2. 評価
  3. まとめ

はじめに




主演「綾野剛」さんです。
最近、映画に出まくっていて、
超人気の役者さんです。
恋愛アクションもこなす実力派!!

映画「日本で一番悪い奴ら」のイメージ画像

また、一部芸人の出演もあり、
デニス「植野行雄」さん、
TKO「木下隆行」さんです。

原作は稲葉圭昭
「恥さらし 北海道警 悪徳刑事の告白」で、
北海道警の不祥事をモチーフにした実話です。

そして、現在も逮捕されていない者も
存在するとのことです。

あらすじ



柔道で鍛えた力を買われて、北海道警察の刑事になった諸星要一(綾野剛)。裏社会に入り込んでS(スパイ)をつくれという、敏腕刑事・村井の助言に従い、Sを率いて「正義の味方、悪を絶つ」の信念のもと規格外の捜査に乗り出す。こうして危険な捜査を続けていった諸星だったが……。

評価



バイオレンスな表現や、
猥褻な表現がふんだんに使われます。
この時点で、評価が両極に分かれます。
表現に問題がない方は、
苦もなく楽しめると思います。

この映画のテーマとして、
村井の言葉教えにより、
諸星の道警人生がガラッと変わる物語。

村井と諸星

村井の「なぜ警察になったのか?」
この問いかけが深かったです。
新人時代の諸星にとっては、
当たり前の質問すぎて、
ただ綺麗ごとを並べるばかり。

この問いかけの意味が、
ラストで分かります!!

映画の中盤はただ悪いことが
繰り広げられている感じがしますが、
この部分を見ているからこそ、
ラストの意味がちゃんと分かります!

そして、出世するための点数稼ぎや、
世間体のために潜入捜査を行います。
実際にはやくざと組んだり、
薬を捌いたりと汚職
手を染めていきました。

この、潜入捜査まがいの行為を
行う意味が結構重要でした。

スポンサードリンク


結局、企業同様に上下関係もあり、
結果主義の社会です。

警察とはいえ、検挙数という
具体的な数字が明確に存在します。
要するに実力社会です。

そのコミュニティで自分が生き残るために
どのような手段をとるのか。

日本には、正義と呼ばれる、
人物・機関は嘘である、
または、世の中は綺麗ごとだらけと
知らされる映画です。
ダークすぎます!!

正義とは何なのか?
数字(検挙数)さえよければいいのか。
また、どんな手段をとってでも、
悪が無くなればいいのか。

あたかも悪がなくなり、
正義が訪れていると、
見せかけの世界が広がっているかも
知れませんね!

まとめ



ここまで読んでいただき
ありがとうございます。

正義とは何なのか?
↑を考えさせられます。


ほんと、今の日本にタイムリーな
話題かと思われます。


法界にも正義は存在しますが、
依頼人の利益さえ尊重されればよく、
依頼人が本当に罪を犯していようが、
関係ありません。

にも拘わらず無罪になるケースも
多々見受けられます!!
これでも正義ですか?

銃器検挙の功績を称えられた諸星

さらに、検察官にも正義は存在します。
起訴した後、有罪判決が下る確率は、
なんと99.9%です。

しかし、0.1%の中に冤罪
隠れています。

理論上は0.1%ですが、
実際はもっと高確率かと思われます!

このように正義について、
疑問はかなり残るところです!!


また、ダークに染まっていく綾野剛も、
見慣れない姿にも関わらず、
さすがでした!!!
チンピラwww
綾野剛ファンは必見です!