2016年6月21日火曜日

映画おすすめ!それを知ればゾクッとします!クリーピーの評価!

はじめまして
橋本浩幸と申します!

今回は、映画「クリーピー」の
評価をご紹介します。

「MOZU」シリーズの俳優も出演され、
なかなか豪華でした。

また、想像してたイメージと違い、
二つの意味で驚かされました。

目次


  1. はじめに
  2. 評価
  3. まとめ

はじめに


映画「クリーピー」、
主演「西島秀俊」、「香川照之」さん
コンビですね。

この方たちは、
「ダブルフェイス」や「MOZU」で
共演されています。

原作は「前川裕」さんです。
続編の「クリーピー スクリーチ」
というものもあります。。

本作は、サイコパスをモチーフにした内容で、
ミステリー要素が強いと思いましたが、
ホラー要素(心理的恐怖)もありました。

っていうかめっちゃ
怖かったです...

あらすじ


刑事から犯罪心理学者に転身した高倉(西島秀俊)はある日、以前の同僚野上(東出昌大)から6年前の一家失踪事件の分析を頼まれる。だが、たった一人の生存者である長女の早紀(川口春奈)の記憶の糸をたぐっても、依然事件の真相は謎に包まれていた。一方、高倉が妻(竹内結子)と一緒に転居した先の隣人は、どこか捉えどころがなく……。

評価


原作を読んでいないので、
原作との比較はできませんが、

映画を見た感じでは、
サイコパスの顔の表情や、
通常状態とサイコパス状態の違い
よく表現できていると思います!

映像ならではの、
臨場感がすごいですね。

家の構造とか、
暗さとかゾクッとします。


香川照之さんのサイコパスぶりは、
すばらしいですね!!

素の状態とサイコパスを使い分ける
マジのサイコパスのようです。

また、西島秀俊さんの、
「MOZU」シリーズにありました、
絶望を表現するのがかなり
ハマっていますね。
お二人とも役にハマっていました!

スポンサードリンク

ネタばれ


西野という人物は、
西野でもなく水田という名前でも無いことが、
分かりました。

これは、水田という人物の写真と、
西野という人物の写真の顔と
一致しなかったからですね。

エビデンスは、高倉が警察時代の
警察の人間である野上に、
西野という人物について調査依頼をし、
出てきた書類によるものです。

結局、西野は疑似家族を演出するため、
各地に移動し空き家の名前に
成りすまします。

そして、家族を構成するため、
要因を集めます。
このような流れですね。

西野という人物は、
家族を演出するRPG
楽しんでいるということです。

澪も、澪のお母さんも、
寄せ集めの家族の一員です。

ただ、西野の本名やバックグラウンド、
娘役である澪のバックグラウンドを
語って欲しかったと思います。

もっと言えば、本多佐紀の家族である、
父・母・兄は本当の家族なのかも
知りたかったです。

まとめ


ここまで読んでいただき
ありがとうございます。

なかなか不思議な映画でした。
評価も別れるようですね。
Yahoo!映画では、
かなり評価が悪いです。

やはり、謎が多く残るのが、
日本人受けしないように思えます。

ただ私は、映像ならではの、
心理的恐怖を体験できたり、
香川さんのサイコパスぶりが
すごかったので映画でよかったと
思っています!!

原作では臨場感は
感じることはできませんので...

また、ホラーは怖いので苦手で、
見たくはありませんが、
サイコパスの様な心理的恐怖なので、
結構好きでした。