2016年6月12日日曜日

映画おすすめ!世界経済を揺るがす企業の隠蔽!マネーモンスターの評価!

はじめまして
橋本浩幸と申します!

今回は、映画「マネーモンスター」の
評価をご紹介します!

公開時期が、「デッドプール」や
「64-ロクヨン」と被っているので、
存在感は薄いですが、

「ジョージ・クルーニー」
さすがでした。

目次


  1. はじめに
  2. 評価
  3. まとめ

はじめに


映画「マネーモンスター」、
監督は「ジョディ・フォスター」です。

女優としても活躍されていますが、
個人的には、「パニック・ルーム」に
出演されてる映画が好きです!

主演は「ジョージ・クルーニー」です。
「オーシャンズ」シリーズで有名ですね!

また本作はアクションではなく、
演技で魅せつける、
大人のミステリー映画に仕上がってます。

ステージはほぼテレビ局だけなのに、
なぜ目が離せないのか?
すごい緊張感があるからです。

あらすじ


リー・ゲイツ(ジョージ・クルーニー)が司会を務め、その巧みな話術で株価予想や視聴者への助言を行う高視聴率財テク番組「マネーモンスター」。番組ディレクターのパティ(ジュリア・ロバーツ)の指示を聞かず、アドリブ全開でリーが生放送に臨む中、拳銃を手にした男カイル(ジャック・オコンネル)がスタジオに乱入してくる。彼は番組の株式情報によって財産を全て失くしたと憤慨し、リーを人質に番組をジャック。さらに放送中に自分を陥れた株取引のからくりを白日のもとにさらすようパティに迫るが……。

スポンサードリンク

評価


マネーモンスターという財テク番組を
信用して投資し全財産を失った男が、
番組をジャックするわけですが、
そもそもテレビを信用するのは自己責任
言いたいところですが、
そこは、黙っておきましょう!!

★映画のテーマは、
・番組をジャックする目的は?
・アイビス社の株がなぜ暴落したのか?
上記2点がテーマとなります。

アイビス社が使用する、
株式取引のツール。
アルゴリズムで株式市場を読み解き、
株取引を行うツールによって、
引き起こされる事件。

ツールといえば日本では、
バイナリーオプションのツールが、
馴染みありかと思います。


表向きはツールのバグによって、
アイビス社の株価が暴落しました。
8億ドルの損失だそうです。

一見、アルゴリズムを使用し、
大量の取引により株価が暴落したと、
見せかけた動き...

舞台はテレビ局ですが、
緊張感のあるやり取りが
目を見張るものがあります。
緊張感が半端ないです!!

ただ、アイビス社の株が暴落したとき、
プログラムのバグだと説明しましたが、

どこかから情報がリークしたり、
ネットで噂がたてば、
マスコミが調査したり、
どこかの機関が調査に入るかと思います。

そうすると、投資家の信用は落ち、
株価は下がっていきます。
株価が下がるということは、
会社の価値がなくなるということ...

ただの噂だとしても、
アイビス社の説明責任
調査から逃れることはできず、
アイビス社の信用は崩壊するのでは?
と思ったりもします。

本作のコンセプトとして、
犯人のバックグラウンドや、
感情移入を誘う作りだと思うので、
簡単に潰さないのが映画ですね。

登場人物のバックグラウンドとして、
人生の物差しはお金で、
お金に執着するあまり、
お金以外に人生の喜びを感じていない
背景が浮き彫りになっていきます。

そうした背景を、
リーとカイルが引き合わされることで、
お互いに人生を振り返ります。

そこで繰り広げられる人間ドラマが
見どころの一つですね!

まとめ


ここまで読んでいただき
ありがとうございます。

このような経済ネタは、
ホットな話題かと思われます。
公務員の税金の使い道や、
公金を私用で使ったり...

ましてや、企業が隠蔽すると、
マスコミや世論から叩かれる時代です。

また、経済ネタの映画は
あまり見たことないので、
なかなか斬新でした。

「ジョージ・クルーニー」の
大人の演技も素晴らしいので、
是非、ご覧ください!!