2016年10月1日土曜日

映画おすすめ!カオスの中に秩序?カオスの評価!

はじめまして
橋本浩幸と申します。

今回は、映画「カオス」の
評価をご紹介します。

映画「カオス」

ジェイソンン・ステイサムは、
いつもアクションメインですが、
今回は違います!!

アクション要素は少ないですが、
知的・用心深いところが見どころです。

目次


  1. はじめに
  2. 評価
  3. まとめ

はじめに


映画「カオス

主演、ジェイソン・ステイサム
トランスポーターでお馴染みです。

映画「カオス」

また、ウィズリー・スナイプスも
出演しています。
主に、ミリタリーアクションです。

なので、アクションメインだと、
思い込んでいました…

結果、どんでん返しのある、
騙し合いのゲームでした。
あなたも騙されるはずです!


あらすじ


シアトルの銀行を武装強盗団が襲撃し、リーダーのローレンツ(ウェズリー・スナイプス)は、交渉人にコナーズ刑事(ジェイソン・ステイサム)を指名する。交渉中、一味は警察の裏をかいて逃走してしまうが、銀行からは何も盗まれていないことが判明。コナーズは新米刑事デッカー(ライアン・フィリップ)と組み、不可解な事件を追うが……。

スポンサードリンク

評価


「カオス」というタイトルの通り、
カオス理論をモチーフにしています。

この映画を最大限に楽しむために、
若干ご説明したいと思います。
なお、素人の知識をご了承下さい。

カオス理論の特徴として、
バタフライ効果が挙げられますが、
これは比喩として使用されます。

カオス理論とは、
たとえ、全く同じような条件でも、
結果は全く変わってしまうことです。

まず、1+1=2という計算式。
1+1を(条件)=2を(結果)
これを、法則・方程式と言います。

法則・方程式は、結果を条件に
当てはめれば導き出せると言います。
つまり、法則・方程式は、
全ての事象(結果)を予測できると…

しかし、カオス理論は
1+1(条件)=2.5(結果)かも
みたいなことを言っています。
条件が一緒なのに結果が違う…

そこには、目に見えないものや、
計り知れない要因が絡みます。
式にすると、条件+要因=結果に
なるからなんですね!

例えば、スナイパーが目標を狙う時、
距離だけでなく以下の要因を考慮します。
風向き・重力・空気抵抗・気温・湿度等。

そして、距離が遠くなればなるほど、
様々な要因が強く影響します。

映画「カオス」

たとえ同じ距離(条件)でも、
2発狙撃して全く同じ場所に
当たることはありません。
様々な要因が影響するから…
これがカオス理論の言いたいこと!

結果は予測できないが、
確率は導き出せるというのが、
カオス理論の本質です。

前段は長くなりましたが、
本題に入ります。

銀行強盗を巡って展開され、
銀行から何も盗まれていません。

では、いくつか疑問が…
・犯人は何者か?
・強盗の目的は?
・強盗に至った動機は?
この疑問を巡るミステリーです!

あるシーンで、交渉人にデッカー刑事を
指名したローレンツの電話で、
「カオスの中にも秩序はある」
というセリフがありました。

この手の映画は語るほど、
ネタバレになってしまうので、
控えておきますが、
このセリフがネックです。

本来のカオス理論の
指し示すところは、
どう意味なのか?

さらに、ローレンツが発した、
このセリフの意味する、
メッセージ性は何なのか?

このことを念頭に置いて
ご覧いただくと、
よりお楽しみいただけると思います。

まとめ


ここまで読んでいただき
ありがとうございます。

カオス理論を知ったのは、
「バタフライ・エフェクト」で、
それでカオス理論は面白いと思いました。

カオス理論は本質が難しく、
様々なことを説明されるので、
難しくも興味深いです。

映画「カオス」

まだまだカオス理論を用いた、
映画は少ないと思います。
私が知らないだけかも知れません。

しかしながら私の中では、
数少ない貴重な一作となります。

この映画はカオス理論を
比喩的に使用することによって、
極上のミステリー、
どんでん返しで作られていることに、
さらに、面白さを感じます!!

2016年9月30日金曜日

映画おすすめ!料理は一流、父親は失格!シェフの評価!

はじめまして
橋本浩幸と申します。

今回は、映画「シェフ」の
評価をご紹介します。

映画「シェフ:三ツ星フードトラック始めました」

料理人としてカッコイイ男が
描かれるのと同時に、

父親として失格の男の
ギャップが見どころです。

コメディや暖かい内容の
イメージをしていましたが、
料理人としての壮絶なバトルや、

彼に与える息子の存在が
胸を熱くさせます!!

目次


  1. はじめに
  2. 評価
  3. まとめ

はじめに


映画「シェフ

監督、ジョン・ファブロー
主演、ジョン・ファブロー

映画「シェフ:三ツ星フードトラック始めました」

また、スカーレット・ヨハンソンや、
ロバート・ダウニー・Jrが出ています。

アベンジャーズやキャプテンアメリカに
出演されていますね。

あらすじ


一流レストランの料理人カール・キャスパー(ジョン・ファヴロー)はオーナー(ダスティン・ホフマン)と衝突。創造性に欠ける料理を作ることを拒み、店を辞めてしまう。マイアミに行ったカールは、とてもおいしいキューバサンドイッチと出会い、元妻(ソフィア・ベルガラ)や友人(ジョン・レグイザモ)、息子(エムジェイ・アンソニー)らとフードトラックでサンドイッチの移動販売を始めることにする。

スポンサードリンク

評価


前半は、シェフとしての料理人人生に
熱い思いをかける男の生き様が描かれます。

彼の働くレストランは、
ネット、SNS、口コミで有名で、
評論家も来るお店です。

そこで彼はシェフとして働き、
自分の提供する料理に、
絶対の自信を持っています。

しかし、お店のコースメニューは
オーナーに決定権があり、
彼には決定権がありません。

自分は定番のメニューではなく、
オリジナルのメニューで勝負したいと、
度々、オーナーと衝突します。

ある時、人気ブロガーが来店し、
自分の提供した料理に、
SNSで酷評を投稿され、
それがきっかけでバトルになります。

特に、熱いシーンは、
カールと評論家との直接対決

評論家はブログへの集客目的の
ビジネスライクな考え方で
あることは理解できます。

しかし、著名人がネットで意見すると、
真偽に関わらずすぐに、
世間に影響を与えてしますこと。

影響力がある人ほど、
責任の所在を感じさせられます。

カールの立場としては、
生半可な料理ではなく、
本気で料理をしていることと、

料理人でもない素人に、
ブロガー、評論家というだけで、
知ったかぶりをしないでほしい気持ち、
プロとしてのプライドが伺えます。

言葉では表せないほどの
熱い思いを持っていること。
これには胸を打たれました。

そして、お店を辞めていまします。

映画「シェフ:三ツ星フードトラック始めました」

後半は、父親業メインでの人生が
描かれていきます。

実は、カールには息子がいます。
劇中では、妻と離婚している前提で、
息子と会えるのは週一だけ
ということでした。

彼は、料理人としては一流
父親は失格と自覚していました。

結婚生活において、
仕事最優先の生活だったり、

息子は大事なんだけども、
接し方がわからないことや、
息子に人生を見出すことができず、
離婚に至ったと思われます。

しかし、店を辞めたことがきっかけで、
自分の人生を見つめ直します。

自分は何をすべきで、
自分は何がしたいのか?

確かに、仕事一本で世間に
利益をもたらすことや、
世間に影響を与えることは重要です。

しかし、プラスに捉えている人の反対に、
辛い思いや、悲しい思いをしている人が
いることを感じさせられます。

どちらが幸せでしょうか?

また、子供にとって、
どのような影響を与えて、
どのような父親であるべきかを、
考えさせられる映画でした。

息子は、父親と会える日を
いつも楽しみにしています。

そして、ただ一緒に過ごすことや、
好きなことの共有することに、
息子は喜びを感じています。

父親が料理人として働いていることに、
すごく尊敬憧れを持ち、
自分も料理人になりたいと思っています。

仕事が大事なのはわかるが、
父親と過ごしたい葛藤も見え、
どこか寂しさが見えました。

その息子の思いを父親は、
時すでに遅しですが、
次第に気づき始めます。

父親が変わっていくプロセスや、
したいことやすべきこと、
大事にしたいものが見つかる時は、
胸がジーンとします。

まとめ


ここまで読んでいただき
ありがとうございます。

一流の料理人としての成功が
苦労してここまで上り詰め、
単純にカッコイイと思いました。

一流というプロの自覚があるから、
プロとしての責任や、
味には自信があるのでしょう。

映画「シェフ:三ツ星フードトラック始めました」

また、料理人として一流ですが、
父親は失格というのがミソです。

結局、お店を辞めることになりますが、
それが、彼にとって非常に重要な
人生を歩むことになったと思います。

息子と過ごす時間が、
本当に生き生きとしていて、
見ていて幸せな気持ちになります。

やはり、一緒に過ごす時間が増えると、
お互いわかっていくのですね。

目指すべき先であったり、
楽しいこと、幸せなことを
見つけていくのですね!

ぜひ、料理人としての熱い思いと、
息子と一緒に見つける人生を
感じ取ってください。

2016年9月29日木曜日

イヤーピースおすすめ!SE535LTDで徹底比較!SpinFitの評価!

はじめまして
橋本浩幸と申します。

今回は、SE535LTDにSpinfitを
装着して他のイヤピースと
比較したいと思います。

SE535LTDをSpinFitのイヤーピースを使って徹底比較

三種類のイヤーピースを
比較したいと思います。

比較するイヤーピースは、
SE純正、SpinFit、Comply Ts
上記三種類で行います。

まずはじめに、前回のSpinFitの
記事を読んでいない方は、
先に前回の記事をお読みください!

↓リンク先↓
SpinFitの評価!

目次


  1. はじめに
  2. イヤーピースの外見比較
  3. SE純正シリコンの比較
  4. SpinFitの比較
  5. Comply Tsシリーズの比較
  6. まとめ

はじめに


イヤーピーススパイラル
陥っている方や、
イヤーピースのおすすめ
探している方が多いと思います。

そこで、SE535LTDに特化した、
比較を行いたいと思います。

具体的には以下の通りです。
SEシリーズの純正の比較、
SpinFitとの比較、
定番人気のComplyの比較を行います。

これを分かりやすくするために、
基準をSE純正シリコンと比べて、
どうなのかを書きたいと思います。

SE535LTDの特徴として、
通常のSE535と比べて、
高音域が強化されています。

そして、BA型の中では低音域
強い特徴を持っています。
低音域寄りのフラット型です。

低音域・高音域だけでなく、
ボーカルの艶やかな音質から、
中音域も優れていることで定評です。

つまり、低音域・中音域・高音域の
全てが優れていることから、
非常にバランスが良いとされています。

また、それぞれの比較において、
5点満点で表す評価を
付けてみたいと思います。

なお、この点数につきまして、
イヤーピース間での比較を
行いやすく表示するもので、

イヤーピースそのものの、
評価を表すわけではありません!

あくまでも純正イヤーピースと比べての、
前提であるとお考えください。

イヤーピースの外見比較


左から、純正、SpinFit、Comply Tsの
並びになっています。

一番注目すべき点は、
イヤーピースの形状です。
全て弾丸タイプの形状です。



弾丸タイプのイヤーピースは、
球体みたいに膨らみ部分があって、
中で少し引っかかることによって、
抜けにくくフィットします。

弾丸タイプ以外の形状に、
台形タイプ、寸胴タイプ、
キノコ型、ダブルフランジ等、
様々な形があります。

しかし、弾丸タイプ以外のものは、
きっちりサイズのものを装着しないと、
上手くフィットしない弱点もあります。

それは、膨らみ部分が無い場合や、
もしくは、イヤーピースが短い場合、
スポスポする感じがして、
結構抜けやすいからだと思います。

反面、弾丸タイプだと、
多少サイズが合わなくとも、
膨らみ部分が上手く作用し、
フィットさせることができます。

まずは、弾丸タイプのものを
選ぶことがフィット感を
得ることにつながると感じます。

この点は、今回比較する
イヤーピースは弾丸タイプで、
条件を満たしていると思います。

また、Complyシリーズで
Comply Tシリーズ、
Comply Pシリーズも人気です。

しかし、弾丸タイプでないことと、
Tsシリーズに比べて細いです。

低反発の縮んで膨らむ性質を考えると、
多少、太いほうが膨らんだ時に、
より高いフィット感があると思います。

それでも人気なのは、
耳が痛く無らなかったり、
音質が上がると感じるからです。

結果、Complyの中で比較しても、
Tsシリーズは弾丸タイプであり、
なおかつ一番太いです。

このことからComplyの中で
Tsシリーズはフィット感が高く、
音質も良く感じると考えます。

これが、今回イヤーピースの比較に
Comply Tsを選んだ理由です。

SE純正シリコンの比較


SE535LTDのイヤーピース

純正シリコンでの音質について、
非常にバランスの取れた、
最もセオリー通りの音質と言えます。

ただ、気になるのが高音域です。
これは、SE535LTDの特徴で、
高音域が強化されていることから、
ボーカル重視の曲では、
サ行が若干刺さり気味です。

高音域がアップしているので抜けが良く
ボーカルが艶やかなのは良い点ですが、
サ行が刺さるのは少し気になるところです。

そして、低音域部分については、
弱くもなく強くもなく、
ちょうどいい感じです。

高音域が秀でていることから、
抜けが良くこもらないので、
タイトで質の良い低音域です。

音質評価


低音域:4点
中音域:3.5点
高音域:4点

フィット感の比較


フィット感に関しまして、
シリコンタイプの中では、
かなりフィットします。

形状はオーテクのイヤーピースと
結構似ています。

ただ、SE535LTDは細軸タイプで、
細軸タイプの種類が数少ないです。
なので、細軸タイプのイヤーピースは
なかなか良いものがありません。

細軸タイプのシリコンで、
weston製のイヤーピースもあります。
これは結構癖があるので、
万人受けとは言えないです。

シリコンタイプで無難なのは、
SEシリーズ純正のものと言えます。

スポンサードリンク

SpinFitの比較


SE535LTDにSpinFitのイヤーピースを装着

第一印象は高音域・中音域が
凄くアップしていることでした。
しかも、サ行が刺さりにくいです。

ボーカルの艶やかさもあり、
純正よりも抜けが良く、
かなりクリア感があります。

しかし、低音域は純正と比べて、
若干、減退気味です。
若干なので気にならない程度です。

純正に比べて低音域は減退しますが、
高音域が非常に優れていることから、
決してこもった感じもせず、
純正よりタイトな質の良い低音域です。

クリア感を求める方にとっては、
理想のイヤーピースと言えます。

低音域〜高音域まで、
バランスよく鳴っていて、

高音域が純正と比べて良いので、
締まりのある音に聞こえ、
全体的にクリアな印象です!!

音質の比較


低音域:3.5点
中音域:4点
高音域:4.5点

フィット感の比較


また、フィット感に関して、
前回のSpinFitの記事にありますが、
ヘッド部分が曲がるので、

耳道の形に合わせて、
可動させ奥までフィットします。

しかも、意外とシリコンが柔らかく
耳に負担がかかりません。

これが、シリコンタイプの中で、
最強のフィット感だと思います。

Comply Tsシリーズの比較


SE535LTDにComply Tsのイヤーピースを装着

Tsシリーズの謳い文句が、
高音域アップとあります。

実際にSE535LTDでも聞いていますが、
確かに高音域がアップしています。

しかし、純正イヤーピースで感じた、
ボーカルの艶やかさは、
少し減退気味になりました。

低音域も純正イヤーピースと比べて、
やはり減退気味です…

ただ、高音域がアップしているので、
全体的にこもっている感じはなく、
かなりクリア感を味わえます。

一番、Complyの良いとろこは、
高音域が凄く綺麗で繊細に鳴り、
しかも、サ行が刺さりにくい
ということだと感じました!

ボーカル重視で聞く分には、
ありがたいですね。
逆に、HR/HM等は不向きです!

音質評価


低音域:3点
中音域:3点
高音域:4.5点

フィット感の比較


フィット感に関して、耳の形状
合わせてフィットさせてくれるのが、
Complyのいいところです。
低反発で耳が痛くなりません。

しかし、しっかりと縮んだものが、
膨らみきっていないのが気になります。
反発が弱いと言いますか…
反発が弱いからこそ、
耳が痛くならないのですが。

さらに、低反発の素材は、
すぐに磨耗してきますので、
磨耗すると反発力が弱まります。

つまり、磨耗してくると、
フィット感が悪くなります。
高価な物なのでコスパが悪いです。

より高いフィット感を求めるには、
通常よりも大きめのサイズを
購入する必要があります。

まとめ


ここまで読んでいただき、
ありがとうございます。

三つのタイプのイヤーピースを
音質とフィット感を合わせて、
比較してみました。

高音域を綺麗に刺さらず鳴らし、
かつ、タイトな低音域を鳴らす、
バランスの取れた音を鳴らすのは、
SpinFitだと思われます。

ただ、クリア感を求めない方は、
不向きかもしれません。

そもそも、BA型の時点で、
ダイナミック型よりも、
中音域・高音域が優れているので、
ある程度は仕方がありませんが…

また、フィット感に関して、
シリコンの中ではSpinFitが
一番しっくりきました。

これは、ヘッド部分が可動するので、
フィット感を高めることができます。
しかし、低反発の素材では無いため、
完璧に耳の形に合わす事は不可能です。

そのことを踏まえると、
Complyは低反発の素材を使用していて、
耳の形に合わせることができるので、
有利だと考えます。

ただ、低反発の素材なので、
縮んだものが膨らむ力
そこまで強くはありませんので、
耳の形には合いますが、
フィット感は弱いと言えます。

音質・フィット感共に優れているのは、
やはりSpinFitですね!!

他のイヤーピースを考えている方、
ぜひ、SpinFitをお試しください。

最後に、前回のSpinFitの評価も
ご紹介していますので、
あわせてご覧ください!!

↓リンク先↓
SpinFitの評価!

2016年9月26日月曜日

映画おすすめ!奇跡は悲劇だったのか?ハドソン川の奇跡の評価!

はじめまして
橋本浩幸と申します。

今回は、映画「ハドソン川の奇跡」の
評価をご紹介します。

映画「ハドソン川の奇跡」のパンフレットと半券

2009年1月15日
USエアウェイズ1549便が
ハドソン川で不時着水事故。

乗員155名を救った機長が、
容疑者となりました。
なぜ、彼は疑われたのか?

ハドソン川の不時着水事故は、
奇跡であるのか?
悲劇であるのか?
衝撃の実話です。

目次


  1. はじめに
  2. 評価
  3. まとめ

はじめに


映画「ハドソン川の奇跡

監督「クリント・イーストウッド」
最近では「アメリカンスナイパー」が
かなりの反響を呼びました。

主演、トム・ハンクス
「ダヴィンチコード」、
「天使と悪魔」、
「インフェルノ」の
ダンブラウンシリーズに出演。

映画「ハドソン川の奇跡」

日本でもニュースで知られますが、
事実のみしか知りませんでした。

その事実の先にあるのもが、
本当に語られるべきもので、
ドラマがあるのだと、
この映画を見て感じました。

そして、USエアウェイズには、
二人の日本人が乗っていました。

二人は、サリーじゃなかったら、
助からなかったと心中を明かします。

あらすじ


2009年1月15日、真冬のニューヨークで、安全第一がモットーのベテラン操縦士サレンバーガー機長(トム・ハンクス)は、いつものように操縦席へ向かう。飛行機は無事に離陸したものの、マンハッタンの上空わずか850メートルという低空地点で急にエンジンが停止してしまう。このまま墜落すれば、乗客はおろか、ニューヨーク市民にも甚大な被害が及ぶ状況で彼が下した決断は、ハドソン川への着水だった。

評価


USエアウェイズ1549便は、
離陸直後に鳥類と衝突したことで、
両側のエンジンがダウンし、

鳥類衝突から208秒で、
ハドソン川に不時着水しました。

この時サリーは墜落ではなく、
不時着水だと主張しました。
つまり、意図的な着水です。

そして、問題となっているのは、
ラガーディア空港、
または、テターボロ空港に、
着陸できたのではないか?

そして、左側エンジンは
微力ながら動いていたのでは?

この2点をNTSBから指摘を受け、
調査対象となりました。
人的ミス判断ミス
あったと疑われています。

映画「ハドソン川の奇跡」

確かに、結果論として全員無事なので、
奇跡であり彼はヒーローです。

実際、国民や乗員からの視点では、
彼はヒーローと称えられます。
国民や乗員からすれば、
彼は正しい判断だったと思います。

しかし、1名でも死亡した場合、
反応はいかがでしょうか?
154名は助かったので奇跡ですか?
彼はヒーローですか?

数名しか助からなかった場合、
どうでしょうか?
バッシングを受けるでしょうか?

その時には判断ミスがあったと、
国民と乗員に疑われるでしょうか?

結果や被害の甚大さに関わらず、
判断自体正しさについて、
突きつけられました!

スポンサードリンク

155名救ったにも関わらず、
喜んでいませんでした。
機長であるサリーの眼差しは、
一人、不安を抱えたようでした。

彼自身、自分の下した判断が、
本当に正しかったのかと…
そのストレスは記憶までも侵します。

様々な視点から「正しい」を
考えさせられる映画でした。

正しい正しいと言うものの、
誰にとって「正しい」が適切なのか?

結果だけ良ければ正しいのか?
それとも、プロセスの部分から、
正しい必要があるのか?

そして、単純にヒーローと表せない、
彼の強い思いがありました。

155名の乗員を救えたのは、
自分の力だけではなくて、
副操縦士やクルーが力を合わせた、
チームワークがあるからだと語ります。

彼は、副操縦士やクルーを信頼し、
彼を動かしているのは、
責任、信頼、誇りなんだと!!

まとめ


ここまで読んでいただき、
ありがとうございます。

乗員155名を救ったことについて、
一見、凄いと思ったり感動することは
すごく浅はかなんだと思いました。

その先に隠される真実を
知ることで初めて見えてくる、
物事の重大さや人の思いに、
気づくのだと感じました。

映画「ハドソン川の奇跡」

「アメリカンスナイパー」もそうですが、
決して舞台は広くないですが、

登場の人物の抱える想いに、
何か惹かれるものを感じ、
見入ってしまいます。

監督でもあり俳優でもある
クリント・イーストウッドは、
人間の抱える思いは訴えるものがあると
着目したことは素晴らしいと言えます。

スケールが小さいからこそできる
人間の想いへのクローズアップ。

「ハドソン川の奇跡」はまさに、
リアルな人間の想いや感情が
体現されています。

2016年9月25日日曜日

映画おすすめ!ジェイソン復活!メカニック:ワールドミッションの評価!

はじめまして
橋本浩幸と申します。

今回は、映画「メカニック:ワールドミッション」の
評価をご紹介します。

映画「メカニック:ワールドミッション」

原題「メカニック:リザレクション」
これは、邦題と違って内容を
的確に表したタイトルとなります。

個人的に、邦題はかなり
チープなタイトルと感じました。

久々に、ジェイソンの映画を
字幕で見ましたが、
かなりハスキーな声でセクシーです。

目次


  1. はじめに
  2. 評価
  3. まとめ

はじめに


映画「メカニック:ワールドミッション

主演「ジェイソン・ステイサム」
トランスポーターシリーズでヒット
したと言っても過言ではありません。

映画「メカニック:ワールドミッション」

また、「ジェシカ・アルバ」や
「トミーリー・ジョーンズ」も出演しています。

ジェシカ・アルバは個人的には、
海外ドラマですが「ダークエンジェル」の
イメージが強いですね!

そして意外な情報ですが、
映画の中でのヌードや濡れ場は
お断りしているという、
ポリシーの持ち主です!


あらすじ


暗殺の仕事から離れ、平穏な日々を送るビショップ(ジェイソン・ステイサム)のもとに、かつてビショップを裏切り姿を消したままでいた兄弟子クレインから暗殺の依頼が入る。相手にしないつもりだったが、人質を取られて引き受けざるを得ない事態になる。フィクサーとして世界を裏で操る3人の武器商人がターゲットとして提示され、事故死に見せかける暗殺計画を進めるビショップ。しかし、クレインが計画遂行後に自分を殺そうとたくらんでいるのを知る。

スポンサードリンク

評価


前作を見ずに「ワールドミッション」を
見に行きました。
チャレンジだと自覚しています。

まずはじめに気になるのが、
前作との関連性ですね!

邦題は「メカニック:ワールドミッション」で
一見繋がりが無さように見えます。
後々タイトルの意味を知り、
ミスったと実感しました!!

原題「メカニック:リザレクション」で
訳すと、復活蘇生のような意味です。
これは、繋がりを強く感じます。

クレインという人物が登場し、
ビショップとの繋がりが重要だったり、

ビショップのある所持品が、
生い立ちに関わるものらしく、
前作の回想部分で何か繋がりが、
あるかもしれませんね。

なので前作は見ることをおすすめします。
もしかすると前作にヒント
隠されている可能性があります。

そして、全体的なストーリーとしては、
完全・完璧な事故死に見せかける、
殺し屋としての内容です。

今回は、ミッション成功率は0.001%で、
いわゆる不可能ミッションです。

映画「メカニック:ワールドミッション」

これはヤバいと思ったミッションは、
予告でもお馴染みの、
プールで行う殺しの任務です。

見どころは不可能とされた任務に対する、
綿密であり完璧な計画です。
頭脳・アイテム・肉体をフル活用した、
彼オリジナルの計画です。

かなり、知的な作戦は不可能と
思われる事柄も可能に感じさせます。
彼には不可能の言葉はないでしょう。

周りでは不可能と言われながらも、
自分の中では可能と信じる、
精神力・行動力がすごいです。

あくまでも殺しはビジネスで、
難しいというより分かりやすく、
ドキドキハラハラします。

何かの陰謀や復讐劇というより、
ゴリゴリのアクションです。

ジェイソンのアクションは、
格闘シーンがそれに当たりますが、
動きが大胆にもかかわらず、
切れ味が半端ないです。

主に、軍人・殺し屋の役が大半で、
経歴に軍隊経験があるのかと、
思わせるような強さが魅力です。

「アドレナリン」を見ていると、
銃撃戦・格闘戦が本気の動きで、
野獣のようなスタイルなのが、
よくわかると思います。

そんな、ジェイソンのアクションも
かなり見どころですね!

まとめ


ここまで読んでいただき、
ありがとうございます。

ジェイソン・ステイサムは、
トランスポーターではスーツ姿が
かっこよくハマりました。

そして、ジェイソン・ステイサムの
イメージはこうです。

完璧・潔癖・スーツ・ルール・格闘など、
こんなイメージです。

映画「メカニック:ワールドミッション」

「メカニック」ではスーツという、
条件には当てはまりませんでしたが、
何かしらの要素は共通しています。

そう考えるとジェイソンのイメージを、
出演する作品は違えど、
ジェイソンはこんな人物であると、
ブランディンクを意識しているのでは?
と、思わされます。

そうなれば他の作品を見ていくことも、
ジェイソンという人物を知ることになり、
興味深いものであります。

最後に、彼の野獣の様なアクションと、
セクシーな肉体を堪能してください。

2016年9月24日土曜日

映画おすすめ!サイコパスなパパラッチ!ナイトクローラーの評価!

はじめまして
橋本浩幸と申します。

今回は、映画「ナイトクローラー」の
評価をご紹介します。

映画「ナイトクローラー」

嘘か本当かはわかりませんが、
ニュースの裏側とパパラッチについて、
かなり突っ込んで描かれます。
(海外が舞台となります。)

国内と国外を比較しても、
少し事情は異なるでしょう。

日本でのパパラッチのイメージは、
雑誌などが多いですね。

目次


  1. はじめに
  2. 評価
  3. まとめ

はじめに


映画「ナイトクローラー

主演、「ジェイク・ギレンホール」
最近、すごく注目の置かれる俳優で、
特に怪演具合がすごいです。
いわゆるサイコパスです。

ドラマ系の最近の映画で、
サウスポー」もおすすめです!

映画「ナイトクローラー」

パパラッチとして活動を行い、
特ダネを撮影するのですが、

ラストの特ダネを撮るシーンが衝撃で、
彼の人格を疑い(役柄)ます。

それほど、感情の起伏が表現が
優れているということでしょうか!
彼自身の人格も興味深いです。

あらすじ


人脈も学歴もないために、仕事にありつけないルイス(ジェイク・ギレンホール)。たまたま事故現場に出くわした彼は、そこで衝撃的な映像を撮ってはマスコミに売るナイトクローラーと呼ばれるパパラッチの姿を目にする。ルイスもビデオカメラを手に入れ、警察無線を傍受しては、事件現場、事故現場に駆け付ける。その後、過激さを誇る彼の映像は、高値でテレビ局に買い取られるように。やがて局の要望はエスカレートし、それに応えようとルイスもとんでもない行動を取る。

スポンサードリンク

評価


報道機関のスタンスと、
パパラッチのスタンスが
よく描かれていたと思います。

報道機関の特ダネの仕入れは、
どこから行っているのか?
調査報道を行う報道機関も実在しますが、
ネタを仕入れるということも、
十分に考えられます。

報道機関と言えども複数の機関が
存在するので報道機関も競争社会です。

ネタの取り合いが発生しますし、
どこが一番早くバナーを飾るか!

これが、報道機関のステータスだと、
この映画では描かれていました。
要は、特ダネを独占したがります。

面白いネタを仕入れてなんぼ、
他よりも早く報道してなんぼの、
視聴率重視の考え方です。

そこには、パフォーマンスも重要で、
誇張したり強調して伝えるのも、
重要だと描かれていました。

しかし、エビデンスは取れているか?
虚偽である可能性を危惧します。

また、仕入れた情報が倫理的な問題も
含んでいる可能性のあります。
特に、犯罪絡みのネタは…

どのラインまで報道するかの
道徳性も問われてきます。

確かに、市民の立場としては、
新しい情報やホットな情報を
欲するものだと思います。

しかし、知る側は構わないが、
知られる側はどうか?

報道の自由プライバシー権
バランスは図れているのかを、
問うべきだと考えさせられます。

つまり、プライバシー権を侵してでも、
報道する必要があるかどうかですね。
このバランスが大事だと思います。

そして、もう一つのスタンスは、
特ダネを嗅ぎまわるパパラッチの存在。

彼らは、何のためにパパラッチを
行っているのでしょうか?
金のため?真実のため?

パパラッチによって意見は
異なることだと思いますが、
この場合は金でした!

いえ、金だけではありません。
異常な特ダネに対する執着心。
少しの危険も顧みずむしろ危険を、
スリルを楽しんでいるようでした。

彼は、全ての事件で起こることは、
たとえ死にかけている人でも、
ネタであると語っていました!

我々の理解の範疇を超える、
異常心理だと感じました。
ラストの特ダネを得たときの
シーンで彼の心理が映されます。


まとめ


ここまで読んでいただき
ありがとうございます。

報道側の目線で語られる、
つまり、ジャーナリズムや、
真実や伝えるべきことについて、
よく描かれるものですが、

パパラッチ側での目線で
描かれるのは個人的には珍しく、
新鮮で珍しく面白かったです!

映画「ナイトクローラー」

何と言ってもジェイクの演技が
凄まじかったように思えます。

特ダネを追い続ける精神と、
どんな危険な状況であっても、
執着する精神が狂気地味て、
一種のサイコパスを感じます。

ジェイクファンが多いと思いますが、
これは間違いなくおすすめです!!

2016年9月20日火曜日

映画おすすめ!相互理解のための声の形!聲の形の評価!

はじめまして
橋本浩幸と申します。

今回は、映画「聲の形」の
評価をご紹介します。

映画「聲の形」のパンフレットと半券

聲の形と文部科学省が
タイアップした作品です!!

題材が複雑なだけに、
いろいろな見方や様々な見解が
出てくるそうです。

アニメと思えないような深さや、
リアリティを感じました!

結構、真剣に見ましたが、
まだまだ理解が及ばない、
深く、難しい作品でした。

そうは言うものの、
何かを感じることができて、
考えさせられる内容なので、
かなり面白かったです!

目次


  1. はじめに
  2. 評価
  3. まとめ

はじめに


映画「聲の形

原作「大今良時」全7巻の漫画があります。
映画版は、文部科学省と
タイアップした作品です。

文部科学省は、
いじめや自殺など子供のSOSに対する取組や、
障害のある子供への特別支援教育を進めています。

映画「聲の形」とタイアップすることによって、
このような政策に対する理解・
普及を図りたいと考えています。

映画「聲の形」

映画では、主人公の少年が、
転入してきた聴覚障害者である
少女に好奇心を持ち、
あるきっかけから自分自身が
クラスから孤立してしまうものの、

5年の時を経て、少女との再会をきっかけに
過去の過ちへの償いを試み、
少女をはじめ当時のクラスメイトとも向き合い、
理解し認め合っていく様子が描かれています。

これは、文部科学省の施策である、
いじめや自殺防止、
インクルーシブ教育システムの構築や
障害者理解を普及啓発する趣旨にも
沿っていると考えられます。

映画「聲の形」:文部科学省


あらすじ



西宮硝子が転校してきたことで、小学生の石田将也は大嫌いな退屈から逃れる。しかし、硝子とのある出来事のために将也は孤立し、心を閉ざす。5年後、高校生になった将也は、硝子のもとを訪れることにし……。


評価


タイトルの「聲の形」の意味ですが、
声にはいろいろな種類があります。

実際に聞こえる声、
思っていても声に出せない声、
思わず出してしまった声、
自分の心の声、
聞こえないから聞きたい声があると、
脚本「吉田玲子」は述べています。

この作品は、様々な声の形を
感じることができました。

前置きはさておき、
題材は、小学校に耳の不自由な
女の子が転校してくるお話です。

いじめに対して親目線の意見や、
いじめを受けている当事者目線
意見が存在すると思います。

その中で、障害者の接し方について、
様々な対応や対策がある現実で、
果たして、その対応や対策は
正しいのかを考えさせられました。

映画「聲の形」

あるシーンで、植野という生徒が、
西宮に対して、耳が不自由だからと言って、
自分のやりやすい方法、
自分を理解してもらう方法、
または、自分を理解してほしい、

このような自分視点な考え方や、
自分の価値観を他人に押し付けていると、
意見しているシーンがありました。
このシーンが頭から離れません!

決して、いじめている石田に
全て非があるわけではなく、
災いの種は西宮が撒いてると…

本当は、自分が変わらなければ、
気持ちは一方通行であると、
違った見方の意見をしていました。

もちろん、石田の周りの人間に、
いじめを行っている張本人の
石田を批判する人間も当然います。
しかし、様々な意見、様々な声の形が
存在することは確かでした。

正誤の問題は抜きにして、
植野の意見もあるのだなと認識しました。
植野の昔に語られなかった心の声が、
その時、実際の声に表現されました。
声の形のメッセージ性を感じます。

そして、映画の特典に付いてくる、
special bookという、
特別書き下ろし冊子が付いてきますが、
映画を見終わった後に読んでみました。

映画「聲の形」のパンフレットと特別書き下ろしspecial book

すると、植野が言っていた言葉と、
西宮の母親が娘を普通の学校、
つまり、支援校に入学させなかった、
意味がリンクしました!!

人は、声に出さなくても、
心の声というものが存在し、
言葉の真意意図は心の声に、
あるのだなと思います。

幸い心の声を表現してくれる場面があり、
私に理解しやすく教えてくれます。

しかし、世の中には心の声を
表現してくれないのがセオリーです。

理解してもらうのではなく、
自分が積極的に理解する立場になることで、
救いや、許しがあるのだなと教えられました。
互いに理解するということが、
本当の理解に繋がるのではないでしょうか?

スポンサードリンク

まとめ


ここまで読んでいただき、
ありがとうございます。

正直、よくあるお話で、
障害者を理解してあげましょう的な、
生ぬるいイメージをしていました。

しかし、様々な意見、考え方を
突きつけられる物語で、
個人的には、ガツンときた作品です。

また、「聲の形」は日本語字幕版の
上映も決定しています。

ただ、2016年9月24日〜9月30日の間で、
1日1回の上映と限定的です。

この事についてかなりヒートアップした、
議論が繰り広げられています。

映画「聲の形」

まず、字幕という存在のあり方について、
翻訳という行為は本来のネイティブな
言語のニュアンスと違って翻訳されます。

しかも、字幕は短い時間で読みやすく、
短文で訳されていきます。

つまり、本来の伝えたい意図とは、
ズレて伝わってしまう恐れがあります。
ここが一番懸念すべきポイントです。

なぜなら、「伝いたいもの」があり、
製作されているからです。
映画、文学、絵画、音楽等の芸術作品は、
利益重視で製作されているでしょうか?

結果的には利益を生んでいますが、
本来は、「伝えたいもの」があるから、
製作されていて、儲けたいから
製作しているわけではないと思っています。

「伝いたいもの」は製作者の中では、
ズレてはいけないものです。
見る人にズレて伝わることも恐れます。

そして、映画が誰に向けて
作られているかによっても、
字幕についての考え方も異なります。

つまり、全ての人、世界の人に
伝えたいのであれば字幕は必要です。

逆に、特定の人や、理解する人だけに、
伝えることを目的とするなら必要ないです。

「聲の形」の場合、耳の聞こえる人
だけでなく聴覚障害者も含めて、
全ての人が見る必要があるのだと思います。

意図とズレて伝わることを恐れるが、
それでも伝えるべきものがあると判断し、
字幕が付いているのではないでしょうか?

字幕が付くか付かないかで、
利益を論点にしたり、
公平・不公平を論点にするのは、
ナンセンスだと思うっています。

2016年9月18日日曜日

映画おすすめ!言葉では説明できない何か!怒りの評価!

はじめまして
橋本浩幸申します。

今回は、映画「怒り」の
評価をご紹介します。

タイトルがすごく短く意味が難しいです。
それほど、深い作品なのは間違いないです。

映画「怒り」

そして、予告も力が入っていて、
かなり人気が出ると思いましたが、
思いの外、評価が分かれる様です。

過激な表現が多いということもあり、
好き嫌いも出てくるかと思います。
逆に、過激な表現なくしては、
リアルさを感じれないと思いました。

過激な表現が使われることで、
割と極限の感情にさせられ、
登場人物の抱いている感情を
共有している感じがしました。

目次


  1. はじめに
  2. 評価
  3. まとめ


はじめに


映画「怒り

原作「吉田修一」で「悪人」等で、
大ヒットしている作家の映画化です。
原作を読まずして映画を見ました。

キャストが非常に豪華で、
面白さが引き立てられます。

今回、妻夫木聡が出演されていますが、
「悪人」でも出演されています。

映画「怒り」

また、洋画ではなかなか語られない、
人間の感情部分がうまく描かれるのが、
邦画の素晴らしさと感じます。

感情の部分は言葉に表すことが難しく、
興味深いものだと思います。

言葉に表すことが難しいものを、
映画で表現してくれるため、
引き込まれます。

それ程この作品は感情部分が
すごい具合に表現されています。
個人的には傑作です!!

あらすじ


八王子で起きた凄惨(せいさん)な殺人事件の現場には「怒」の血文字が残され、事件から1年が経過しても未解決のままだった。洋平(渡辺謙)と娘の愛子(宮崎あおい)が暮らす千葉の漁港で田代(松山ケンイチ)と名乗る青年が働き始め、やがて彼は愛子と恋仲になる。洋平は娘の幸せを願うも前歴不詳の田代の素性に不安を抱いていた折り、ニュースで報じられる八王子の殺人事件の続報に目が留まり……。

評価


1年前、八王子で起きた夫婦惨殺事件。
犯人の名は山神一也と呼ばれる男。

しかし、山神は整形を行い、
逃亡しているという設定で、
物語は始まります。

そして、三人の謎の男が、
どこかの誰かと出会い物語は進みます。
三人の男は、直人、田代、田中。

三人の男は下記の人物と出会います。
直人は藤田と出会い、
田代は愛子と出会い、
田中は泉と出会います。

三人の男が出会った、
藤田、愛子、泉が主人公となります。
三人の主人公は別々の視点で
語られていきます。

しかし、前半部分は別々の
視点で語られていますが、
一見互いの関連性が感じられません。

その点が、退屈に感じる方や、
三人別々の視点で語られる意味が不明と、
感じる方が多くいらっしゃるようです。

前半部分は私もそうでした。
過激な描写も多く、
意図が分かりませんでした。

ですが、意味が無いわけでなく、
しっかりと後半で生きてくるため、
注意深く見る必要があります。

映画「怒り」

物語のテーマは「信用」という概念に、
重きを置いて描かれていると、
監督は語っています。

「信用」という概念を通じて、
人は様々な感情を抱くと思われます。
以下は、負の感情に絞りますが、
悔しい、悲しい、怒り等。

これらの感情を言葉では、
一言で簡単に語られてしまいますが、
そんなに簡単なものではなく、
実際は、もっと本気のものであると、
劇中で語られました。

監督は、特に目に見えないもの
描きたかったと言っています。
悔しい、悲しい、怒り等の感情を、
一言では表現することができない、
感情の奥深くあるもの。

詳しく言葉に表すことができない感情を、
映画を通じて考えさせられるというよりも、
その感覚を体感させられました。

「信用」の裏側には「怒り」が存在し、
両者は紙一重のような気がしました。
なんらかのタイミングで、
「信用」から「怒り」にひっくり返る、
そんか感じがしました。

そんな感情の、言葉では語りにくい
難しい部分を表現されています。

個人的にありがたかったのが、
一人が主人公ではなく三人が主人公で、
別々の視点で語られるので、

主観的に語られているのではなく、
客観的に語られているような気がして、
グッと作品に入り込めました。

感情や捉え方は人それぞれなので、
一人だけの描写では説得力が弱いですが、
三人分描かれると三人とも違う描写で、
分かりやすく説得力ありました。

下記は、山神一也に関する
ネタバレになりますので、
ご注意ください。

スポンサードリンク

山神一也(ネタバレ)


山神一也はなぜ殺人を犯したのか?
これが、個人的には最大のです。
そして「怒り」の文字の意味は?

まず、八王子の事件で現場に、
「怒り」の文字が残されていました。
犯人は整形を行い逃亡しています。

終盤では犯人が「山神一也」=「田中信吾」
まで分かっています。

そこから先の殺人の動機や、
バックグラウンドについては、
語られていません。

そして、山神の居所の無人島の小屋には
「怒り」の文字が彫刻されていました。

八王子と無人島の「怒り」の文字が
掘られていることが共通しています。

では、なぜ殺人を犯したのか?

ここから個人の予想になります。

「山神」の人物ベースには「怒り」という
感情が常にあるのでしょう。

おそらく、「信用」という概念から、
「怒り」という概念が生まれ、
犯行に至ったと考えています。

映画「怒り」

後半のあるシーンで山神は、
「よく人を簡単に信用できるのだな」と
話しているシーンがありました。

「信用」という概念について、
何かしらの負の感情があるのでしょう。

山神自身、人を信用することは難しく、
過去に誰かを信用したが、
裏切られた経験があり、
「怒り」の感情を抱いたと予想しています。

加えて、主人公の藤田、愛子、泉も
人を信用することの難しさや、
人を信用することができなかったことを
実感していました。

結果として、根幹には「信用」が
ベースにあったのだけれども、
「怒り」のベースに変わったのでしょう。

良いか悪いかは分からないですが、
もともとは人が好きで、
信用しやすかったのかなと思います。

八王子の殺人事件に戻りますが、
ガイシャと山神の関連性はなく、
一見、動機が不明とされています。

実際、ガイシャには恨みや妬みはなく、
たまたま爆発し殺害されたと思います。

ガイシャとの関連性がないことから、
殺害した理由が分からなく、
サイコパスと片付けられます。

しかし、山神の心情としては、
感情のプロセスがきちんと存在し、
「信用」から「怒り」に変わったと、
説明がつくものなんだと思います。

原作版の方が詳しく描かれているそうで、
確実な真相にたどり着きたい方は、
原作を読む必要があると思います。

まとめ


ここまで読んでいただき
ありがとうございます。

よく言葉では説明できないという
フレーズが使われますが、

聞いている側からすると、
どういったことを伝えたいのかという
意図が伝わってこない場面が多々あります。

言葉や感情の奥深くにあるもの、
つまり、言葉では説明できないものを、
言葉ではなく映像を通じて
説明されているようでした。

信用することの難しさや、
信用から様々な感情を引き起こす、
トリガーになることを感じます。

映画「怒り」

少し余談になりますが、
綾野剛、松山ケンイチ、森山未來が
アングルによっては全員似てます。

この点を考慮したキャストの起用が、
上手いなとも思いました。
一人称ではなく三人称だからですね。

この点を考慮したキャストの起用が、
上手いなとも思いました。

結果として、山神一也の動機
語られませんでした。

それは、伝えたかったものが
山神の動機そのものではなくて、

その動機に至るまでの、
感情のプロセスを伝えたかったのでは?
と、考えています。

より深く理解するためにも、
原作も読んでみたいと思います。

2016年9月17日土曜日

映画おすすめ!ヒーローが凶悪犯!スーサイド・スクワットの評価!

はじめまして
橋本浩幸と申します。

今回は、映画「スーサイド・スクワット」の
評価をご紹介します。

映画「スーサイド・スクワット」のパンフレットと半券

DCシリーズが贈る最新作です。
スーサイド・スクワットとは
自殺部隊」と呼ばれています。
その由来はなんでしょうか?

そもそもの部隊の名前は、
「タスク・フォースX」と
呼ばれています。

目次


  1. はじめに
  2. 評価
  3. まとめ

はじめに


映画「スーサイド・スクワット
デッドショット役で、
「ウィル・スミス」が起用されています。

スーサイド・スクワットのメンバーは、
DCコミック版スーサイド・スクワットに
登場するみたいですが、
メンバー単体での映画はありません。

マーベルの場合はアベンジャーズのように、
それぞれメンバー単体の映画があります。
(一部を除きます。)
その点がマーベルと異なると思われます。

映画「スーサイド・スクワット」

スーサイド・スクワットの場合、
キャラ単体の映画がありませんので、
DCコミックを読んでおかないと、
キャラの良さが理解できないでしょう!!
私もそうでした…

映画「バットマン vs スーパーマン」の
続編に位置するらしいので、
理解するためには、
見ておくことをおすすめします。

また、「バットマン vs スーパーマン」は
「マン・オブ・スティール」の続編です。
つまり、三作通して見ておく必要が
あるそうですね!!

あらすじ


世界崩壊の危機が到来。政府は、最強のスナイパーであるデッドショット(ウィル・スミス)や、ジョーカー(ジャレッド・レトー)に夢中のハーレイ・クイン(マーゴット・ロビー)ら、服役中の悪党たちによる特殊部隊“スーサイド・スクワッド”を結成する。命令に背いた者、任務に失敗した者には、自爆装置が作動するという状況で、寄せ集めの悪党たちが戦いに挑む。

スポンサードリンク

評価


まず始めに、DCシリーズの
知識はあまり無くこの作品を見ました。
その上でのレビューとなります。

そもそも、スーサイド・スクワッドが
結成された理由ですが、

メタヒューマン・ドゥームズデイで、
スーパーマンが死亡したため、
メタヒューマンに対抗するすべが
無くなってしまいました。

そのため、メタヒューマン
対抗するために結成されたと
言われています。
これは、表向きですが...

本当のところは、
エンチャントレスの暴走を止めるため、
毒には毒をという対策で作られました。

突っ込みを言ってしまえば、
スースクのメンバーも、
メタヒューマンやメタミュータント
らしき者は存在するので、

映画「スーサイド・スクワット」

スースクのメンバーも
暴走する可能性があります。
言ってしまえば、スーパーマンも
真の人間ではないため危険ですが..

チームの人数も多く、
非常に個性的なので魅力でした。

チーム全員が極悪犯の必要があり、
悪がヒーローというのも、
面白さの要因でありました。

しかし、元々DCシリーズを
勉強してないせいもあり、
なかなかキャラのバックグラウンドを
理解できずにいました。

結果として、スーサイド・スクワットは、
賛否両論の作品だそうです。

かなりのコアなファンには、
受けが良いようですが…

キャラを理解するためには、
DCコミックを読む必要がある。

また、ストーリーを理解するには、
「マン・オブ・スティール」と
「バットマン vs スーパーマン」を
見ておく必要があります。

この両方をこなすことによって、
存分に楽しめるということでしょう。

DC初心者からすると、
非常に敷居が高く感じますw

幸い、前作自体は見ていたので、
ストーリーは理解できましたが、
DCコミックを読んでいないため、
キャラの魅力が半減でした。
この点がかなり惜しく感じます!

まとめ


ここまで読んでいただき
ありがとうございます。

ストーリー自体は楽しめました。
「バットマン vs スーパーマン」の時も
そうですがDCシリーズはなかなか複雑です。

それほど奥が深く
魅力のあるものだと思います。

デッドショットやハーレークイーンを
初めてこの作品でお目にかかりました。

映画「スーサイド・スクワット」

すごい個性的で今までにない、
キャラ設定であったり、
コメディカルなキャラ設定が、
すごく面白かったです。

個人的には、ディアブロが
お気に入りです。
自分の能力に奢らずに、
クールなところがいいですね!!

しかし、DCコミックを読んでいないため、
深いキャラの生い立ちや、
バックグラウンドを知らないことが、
かなり惜しかったです。

予備知識として知っていれば、
より楽しめたと思っています…

DCシリーズファンの方は、
間違いなく楽しめる内容に
なっているかと思います。

映画おすすめ!共有する幸せ!泥棒は幸せのはじまりの評価!

はじめまして
橋本浩幸と申します。

今回は、映画「嘘つきは幸せのはじまり」の
評価をご紹介します。

映画「泥棒は幸せのはじまり」

タイトルの意味が最初の段階では、
ちんぷんかんぷんです。

しかし、あるポイントが過ぎれば、
次第にお解り頂けると思います。

原題「identity thief」ですが、
後々、邦題の意味がわかると、
非常に良いタイトルだと感じます。

目次


  1. はじめに
  2. 評価
  3. まとめ

はじめに


映画「泥棒は幸せのはじまり
主演「ジェイソン・ベイトマン」と
「メリッサ・マッカーシー」です。

「ジェイソン・ベイトマン」は
「モンスター上司」に出演されていて、
ホワイトカラーが似合いますね。

映画「泥棒は幸せのはじまり」

また、「メリッサ・マッカーシー」は
ゴーストバスターズ 2016」に出演され、
コメディに多く出演されています。

「泥棒は幸せのはじまり」は、
かなりコメディタッチで描かれていますが、
いいお話でありました。

あらすじ


他人の個人情報を盗んでは好き放題に贅沢三昧を繰り返すふてぶてしいおばさん詐欺師と、その被害に遭った善良な中年サラリーマンが思わぬ珍道中を繰り広げるさまを描いた全米大ヒット・コメディ。コロラド州デンバーで、妻と2人の娘と共に幸せな日々を過ごすビジネスマンのサンディ。そんな彼の元に、身に覚えのないクレジットカードの高額請求が来てしまう。なんとサンディの個人情報が盗まれ、悪用されてしまったのだ。サンディは自分のIDに記録された数々の悪行のため、警察の事情聴取を受けるハメに。さらには、職場の上司から、問題を解決しなければ解雇すると言われる始末。こうしてサンディは、自分を陥れた女詐欺師ダイアナを捕まえるため、2000マイルも離れたフロリダへ向かうのだったが…。

スポンサードリンク

評価


全体を通して、
前半はコメディ要素が多く
笑わせてくれます。

後半はコメディからドラマに
徐々にシフトしていきます。

登場する主人公のスペックは
こんな感じです。

仕事は副社長に昇進したビジネスマンで、
プライベートは家庭を持ち、
子供もいるという幸せな男と、

人の個人情報を盗み、
他人になりすまして生きている、
仕事も無く家庭もないクズ女

ダイアナが女みたいなサンディという
名前の男の個人情報を盗み出し、
サンディとして生活していて、
偶然にも結びつけられてしまった二人。

会社は信用問題をかなり重視するため、
身の潔白を証明するためには、
ダイアナを出頭させないと、
サンディは会社から解雇されるハメに。

そして、サンディが住む場所と、
ダイアナの住む場所が異なるため、
州法が異なります。

自分の住む州法を適用させるためには、
自ら彼女の居所まで出向いて、
彼女を自分の住む州にまで、
連れ帰らなければなりません。

そこで起こる彼女との旅が、
良くも悪くもハチャメチャな物語で、
互いに影響を与えていました。

映画「泥棒は幸せのはじまり」

前半は、ダイアナの行動がクズみたいな
人間で腹立たしくありました…

後半から、ダイアナの心境に何かが生じ、
見ている私もダイアナの変化を感じました。

一番印象に残ったシーンはですが、
あるシーンで、サンディの携帯に、
妻からの着信がありました。
そして、ダイアナが勝手に出ました。

その時、ダイアナは思わず、
涙してしまいました。
なぜ涙が出たのでしょうか?

何かに気づいたのではないでしょうか?
それが彼女のターニングポイントです。
彼女の中で起こったこと、弾けたことが、
非常に重要だと考えます。

自分とは真逆の生活をしている男。
その男の生活が羨ましく思うと同時に、
一緒に時を共にしているだけで、

家族と一緒にいる幸せや、
子供に囲まれる幸せや、
誇りを持って仕事をしていることが、

自分には無いものだけれども、
幸せを共有しているような感覚、
自分までもが幸せになる感覚を
感じているように思えました。

この映画で起こる彼女の心境の変化、
彼女がどこに幸せを見いだすのかが、
かなり見どころだと思います。

最後に、なぜ個人情報を盗み続けるのか?
彼女の生い立ちとは?
この部分が明かされます。

この部分が明かされることによって、
点と点が結びつき、
少しでも彼女の人生を理解する
きっかけになるのだなと感じます。

まとめ


ここまで読んでいただき
ありがとうございます。

ハチャメチャな内容の映画で、
結構、そのままコメディとして
終わるものを多く見てますが、

コメディ、かつ、いいお話で
終わる映画は結構珍しく、
個人的には新鮮で良かったです。
違うテイストとして非常に楽しめました。

映画「泥棒は幸せのはじまり」

最後に、幸せとは?人生とは?
人それぞれ違う答えを、
持っているのだと思います。

しかし、哲学的な問いにはなかなか、
答えにたどり着くのが難しいですね。

自由に生きることが幸せですか?
今が楽しめればそれは人生ですか?

そのようなことを考える
きっかけを与えてくれる映画です。

私はまだまだ未熟ですので、
今から考えようと思います!!

2016年9月15日木曜日

映画おすすめ!中国人と黒人コンビ!ラッシュアワーの評価!

はじめまして
橋本浩幸と申します。

今回は、映画「ラッシュアワー」の
評価をご紹介します。

映画「ラッシュアワー」

子供の頃に何気なく見ていたのを、
再度見たのでレビューします。

子供の頃とは違い、
見方も変わったようで、
ジャッキー・チェンすごいという
だけではない印象でした。

目次


はじめに


映画「ラッシュアワー

主演「ジャッキー・チェン」、
「クリス・タッカー」

ジャッキー・チェンと言えば、
私の中では「ラッシュアワー」です。

映画「ラッシュアワー」

中には、世代によっては、
「ポリス・ストーリー」や「酔拳」と
おっしゃる方も多いと思います。

いかんせん、ジャッキーの
映画出演数が半端ないです!!

また、ノーワイヤーでアクション
されているらしく、
本当に撮影中に骨折したシーンも
使われているそうです。

これは、ジャッキファンの方には
常識かもしれません。

あらすじ


ロサンジェルス在駐の中国領事ハンの娘スー・ヤンが誘拐されるという事件が発生。ハンは香港からエリート刑事リーを呼び出すが、捜査を進めるFBIにとって彼は邪魔な存在だった。そこで、彼におもり役を付けて捜査から遠ざけようというものだった。その役を押しつけられたのがロス市警のお騒がせ刑事カーター。最初は反目し合っていたリーとカーターだったが次第に二人は結束し、やがて意外な黒幕を突き止めるのだった……。

スポンサードリンク

評価


ジャッキー・チェンといえば、
ノーワイヤーでカンフー強くて、
コミカルなイメージですが、

結構昔に作られたということもあり、
少し違った印象も抱きました。

まずは、中国人と黒人の
異色のコンビですね。
白人と黒人のコンビは、
結構ありますが…。

映画全体的に中国人や黒人を、
今風に言うといじっている、
バカにしているとか、
悪い言い方をすると差別しています。

実際、カーターがリーを
チャーハン野郎と呼んだり、
中国人の食べ物を嫌ったり…

映画「ラッシュアワー」

また、リーとカーターが、
あるBARに行ったシーンで、
リーが黒人に対して「ニガー」と
呼んでいました。

合わせて、カーターも「ニガー」と
言っていましたが、
黒人が黒人に対して「ニガー」と呼ぶのは、
友達として呼んでいる意味があるそうです。

しかし、非黒人が黒人に対して
「ニガー」と呼ぶのは差別だそうです。

シリアスな場面で使用されていないので、
映画的には笑って誤魔化せますが、
差別的表現が使用されていました。

ここはコメディタッチで描かれていたのが
幸いしたかと思われます。

中国人と黒人を悪く描いたり、
差別的表現を用いたりしていて、

リーとカーターがはじめは仲が悪く、
多分、偏見や差別の意識を
持っていましたが、

最終的にはお互い心を開いて、
最高のコンビになっていく様は、
すごく良かったです。

まとめ


ここまで読んでいただき
ありがとうございます。

ひとまず、コメディ要素が多く、
楽しむことができました。

クリス・タッカーがエディ・マーフィーばりの
お喋りで、しかも、おもしろい!

映画「ラッシュアワー」

クリス・タッカーが出演される、
他の映画にも興味を持ちますが、
あまり多く出演されていないようで、
少し残念です。

「ラッシュアワー」ですが、
昔は何気なく見ていた映画ですが、
今更ながら見直してみると、

少しあれ?と思うシーンがあり、
それがまた映画の深さでした。

アクション要素やコメディ要素以外に、
昔から定着している差別的表現が
結構使われているのだな思いました。

2016年9月13日火曜日

映画おすすめ!死ぬと時間が巻き戻る!オール・ユー・ニード・イズ・キルの評価!

はじめまして
橋本浩幸と申します。

今回は、映画「オール・ユー・ニード・イズ・キル」の
評価をご紹介します。

映画「オール・ユー・ニード・イズ・キル」

鉄板の「トム・クルーズ」と
「エミリー・ブラント」が出演しています。

「エミリーブラント」の姿が、
女性ながらも第一線で戦っていて、

強くかっこいいのだけれども、
どこか弱さを持っていそうな
印象を抱きました。

目次


はじめに



桜坂洋のライトノベルの原作が
基になっています。

映画「オール・ユー・ニード・イズ・キル」

また、漫画化もされていて、
「DEATH NOTE」で有名な
小畑健が漫画を描かれています。

おなじみの、かっこいい、綺麗、クール
という印象のタッチです!

私は、ライトノベルは読まずに、
漫画を読んでから、
映画を見ての評価となります。

あらすじ


近未来の地球。侵略者の激しい攻撃に、人類の軍事力ではもはや太刀打ちできなくなっていた。対侵略者の任務に就いたウィリアム・ケイジ少佐(トム・クルーズ)は、戦闘によって亡くなる。しかし、タイムループの世界にとらわれ、戦闘と死を繰り返す。そんな中、特殊部隊の軍人リタ・ヴラタスキ(エミリー・ブラント)と出会ったケイジは、彼女と一緒に何度も戦闘と死を繰り返しながら戦闘技術を向上させ……。

評価


漫画を読んでいるので、
少し漫画と比較したいと思います。

ケイジとリタの関係性ですが、
情緒的に描かれていて、
感情移入しやすかったのは、
漫画だなと思いました。

ラストの終わり方について、
漫画の方は、少し余韻を残した
終わり方で、オチを想像するように
作れています。

映画の方は、最後のオチを
言い切った終わり方で、
どちらかというと映画の方が、
結末はわかりやすかったと思います。

漫画の方が面白い、
映画の方が面白いと感じるのは、
人それぞれだと思いますが、

漫画も映画どちらも違う味で、
両方を見てそれぞれが
パズルの様に繋がった感じでした。

もしかすると、ライトノベルも
読んでおくと理解がさらに
深まるのかなと思いました。

映画「オール・ユー・ニード・イズ・キル」

本題ですが、
私はケイジの強さやかっこよさに
注目したのではなく、
リタの存在に注目しました。

彼女の姿が印象に残っています。
なぜリタが強いのか?

ギタイとの戦いに勝利する意志と、
誰よりも戦闘慣れしているところが、
強いイメージを抱きます。
実際、強いのだと思います。

強さの反対である弱さも感じました。
執念悲しみ絶望孤独の感情を、
誰かに伝えたい、
誰かにわかってほしい、
そんな目をしていたように感じます。

彼女が戦いで得てきたもの、
何を思い戦い続けたのかや、
彼女の経験や思いが感情に
現れているのだと思います。

この映画を見ていて、
彼女にしかわかりえないもの、
この部分を共感してくれる人物が、
ケイジの役割でもあります。

下記は、この映画の設定である、
タイムループについてのネタバレ
記載していますので、
映画をご覧になってからお読みください。

スポンサードリンク

タイムループ(ネタバレ)


タイムループする仕組みは、
ケイジが死ぬこと。

ケイジが死ぬと、
軍に入隊するところに、
時間が巻き戻ります。

なぜ時間が巻き戻るのか?
ギタイの生態に関係しています。

まず、ギタイの種類に、
ギタイ、アルファ、オメガの種類の
ギタイが存在します。

通常のギタイは、
それぞれが個体であり無数に存在し、
殺しても何もなりません。

アルファはオメガの中枢神経であり、
オメガとリンクしていて、
オメガののような役割です。
そして、死ぬと時間が巻き戻ります。

オメガはアルファとリンク
しているため、
アルファが死ぬと時間を
巻き戻すことができます。
のような役割です。

映画「オール・ユー・ニード・イズ・キル」

アルファを倒すだけでは、
オメガにタイムループされ、
勝つことができません。
つまり、オメガを殺さないと、
戦いは終わらないということです。

ケイジが死ぬとタイムループするのは、
アルファの体液には時間を
巻き戻す効果があります。
その体液をケイジは死ぬ直前に浴び、
タイムループの能力を得ました。

元々リタもタイムループが可能でしたが、
ある時、リタが負傷した際、
輸血によってギタイの体液が薄められ、
タイムループの能力が失われたと
説明されていました。

中途半端に、輸血で延命するより、
さっさと死ぬしかループできません。
というルールでした。

最終的には、ケイジはオメガを
破壊した時、一緒に死亡しましたが、
オメガの体液を浴びたため、
タイムループが起こりエンドです。

オメガの体液にも、
タイムループを起こす力が
備わっていたわけですね。

まとめ


ここまで読んでいただき
ありがとうございます。

ルールがわからなければ、
結構ムズムズする内容ですが、

タイムループというSFのような、
ミステリーのような設定が、
興味深く面白かったです。

映画「オール・ユー・ニード・イズ・キル」

シンプルな戦いの内容ですが、
ケイジとリタの感情をうまく
表現されているなと感じました。

ケイジとリタが同じ戦いを交えて、
どこかに強い結びつきを感じます。

たまたま、運命的に引き寄せられたのですが、
沈黙でもお互いわかっているような。

漫画の方が、二人の関係性が
情緒的に描かれていたので、
私にはそのイメージがあるのかも。

また、ライトノベル版も興味があり、
読んでみたいと思います。
こちらの方が総合的に、
詳しく書かれているかも知れませんね!